多摩丘陵とニュータウンの魅力をぎゅっと濃縮! 路線バス「豊33」系統で楽しむ30分プチ旅行とは

豊田駅と多摩センター駅を結ぶ京王バス「豊33」系統。その魅力について、まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


多摩丘陵を感じる路線バス

 多摩南部に広がる一大ニュータウンの多摩ニュータウン――。

 もともと、多摩丘陵の自然豊かなエリアを切り開いてひとつのまちを造成したという歴史は、さまざまな場所で紹介されており、知っている人は少なくないと思います。

「豊33」系統(画像:(C)Google)

 今回は多摩ニュータウンの元の姿である多摩丘陵を感じながら多摩ニュータウンに向かう「豊33」系統を紹介します。

豊田駅南口から発着

「豊33」系統はJR中央線の豊田駅南口から発着します。

 豊田駅は多摩川の支流、浅川が作る河岸段丘に沿って作られており、北口を出ると丘の上、南口を出ると丘の下に出ます。

 多摩平団地(多摩平の森)がある北口は商業施設や飲食店が多くありますが、南口は家の密度も薄く、駅前は再開発中で少し殺風景な印象も受けるかもしれません。

 今回乗る「豊33」系統は丘の下、南口から発着しています。おおむね毎時2本の運行です。

 豊田駅南口を出たバスは平山通りに出ると浅川を渡る平山橋を通過します。日野市は市制施行まで日野町と七生村に分かれており、境目のほとんどは浅川でした。今も郵便局や市役所の出張所に「七生」の名前が残っています。

 浅川を渡ると間もなく京王線を越え、迫っていた丘を登っていきます。この丘は多摩丘陵の北端にあたり、丘のなかには平山城址公園や東京薬科大学(八王子市堀之内)があります。

 バスはその丘の中腹で左折して進路を東に取り、多摩丘陵のいたるところで見られる傾斜地に作られた住宅地のなかを抜けていきます。このあたりの住宅街は1970年代の造成と、多摩ニュータウンと同時期の造成です。

傾斜地に作られた住宅地(画像:(C)Google)

 住宅地のなかを抜けると切り通しを抜けていきます。

2009年に閉園した遊園地の面影


【地図】京王バス「豊33」系統の運行ルートを見る】

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_bus_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画