義両親の介護をひとりで……手伝わない夫を責める前に、まず妻がすべきこと【東京女子お悩み相談】

東京で働く女性たちは、日々どんな悩みを感じているのでしょうか。今回は、平日は仕事、週末は義両親に介護に奔走するY美さん(35歳)の話です。


杉並区に住むY美さん(35歳)の場合

「義父母の介護がしんどいです。同居はしていませんが、近所に住んでいるためちょっとした買い物や料理などを頼まれ、土日は介護で終わってしまいます。子どもは小学生で、土日は夫が家で面倒を見ている状態。老人ホームに入るほどの介護レベルではなく、これがずっと続くのかと思うと気が遠くなります」

 そう言ってため息を漏らすのは、杉並区在住のY美さん(35歳)。小学生の男の子を育てており、平日はオフィスで時短勤務をしています。毎週土曜日に義父母宅へ行き、お風呂場の掃除や、食事の作り置き、食材の買い出しなどをしているといいます。

義両親の介護に疲れを感じているY美さん。夫は何をしているのかというと……(画像:写真AC)

「もともと土曜日だけという話だったのですが、義父母だけでは手が回らないことが多く、結局日曜日も向こうの家に行って買い出しや掃除を手伝っています。平日は働いているので、毎日働き通しの感覚で、体も心も休まりません」

 Y美さんの夫は何をしているのかというと、子どもの面倒を見ながら家の掃除や買い出しをしてくれているため、責める気にはなれないそうです。

「本当は夫に義父母の面倒を見てほしいとも思うのですが、夫は作り置きするほど料理ができるわけではなく、かえって効率が悪いので私がやっています。気疲れするので、本当は夫に義父母宅に行ってほしいのですが……」

 さて、ここまでのY美さんの発言の中に、悩みの根っこになっている課題が隠れています。意外にも課題は義父母や夫ではなく、Y美さん自身にあるのです。それは一体何でしょうか?

状況改善に最も重要なこと


【東京都調査】介護の負担、「男女差」の実態

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_care_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画