テトリスがきっかけ? 大人がゲームをやっても恥ずかしくなくなったのはいつ頃か

コロナ禍の「おうち時間」でゲームが注目されていますが、そもそも大人がテレビゲームをプレイしても違和感がなくなったのは、いつ頃からなのでしょうか。フリーライターの出島造さんが解説します。


ゲームユーザーは老若男女さまざま

 コロナ禍の東京では、「おうち時間」をいかに過ごすかが話題になっています。

 なかでもテレビゲームに時間を費やしている人は少なくないでしょう。現在は通信対戦可能なゲームタイトルも増えているため、皆で1か所に集まらなくても一緒に楽しめ、とても便利です。

 近年のテレビゲームは、子どもから大人まで楽しめる趣味となっています。

 かつてはファミリーコンピュータ(ファミコン)が「子どものおもちゃ」扱いされていましたが、それも遥か昔のこと。現に東京でゲーム関連の行列ができるとき、並んでいるのはだいたい大人です。

「謎の国」からやってきたテレビゲーム

 さて東京で、大人がテレビゲームをプレイしても違和感がなくなったのは、いつ頃からなのでしょうか。資料を調べてみると、大人が遊ぶテレビゲームとして最初に登場するのは『テトリス』でした。

 日本上陸当初から、『テトリス』は新聞や雑誌でよく取り上げられていたタイトルです。ソ連のアレクセイ・パジトノフが1984(昭和59)年に開発、その後、世界のさまざまなゲーム制作会社にライセンスが許諾され、広まりました。

ファミリーコンピュータ版『テトリス』(画像:任天堂)

 80年代後半は冷戦がようやく終わろうとしていた時代です。「鉄のカーテン」の向こうにある「謎の国」からやってきたテレビゲームだったこともあり、『テトリス』は注目を集めました。

 日本では1988年にセガ・エンタープライゼス(当時)がアーケード版を、任天堂がファミコン版を発売(ゲームボーイ版は1989年)。一方、世界規模では版権許諾が面倒な状況になっており、たびたび新聞報道がなされました(現在は1996年設立のザ・テトリス・カンパニーが管理)。

 このため、当時の関係者は大変な苦労を強いられましたが、逆にこうした報道を通じて「ソ連が開発したすごいゲームがある」ということが知られていったのです。

嫁入り道具にもなったゲーム


【図表】仕事中に「スマホでゲーム」している人の割合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_tetris_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画