都心部の大規模施設、昔を調べたら貨物駅! 広大な土地には理由があった

東京都心の大規模施設は元々鉄道の貨物駅だった場所があります。その歴史について、フリーライターの小林拓矢さんが解説します。


都心にある貨物駅

 東京都心部は狭いエリアに多くの人や建物が集まっていますが、広大な敷地を利用した大規模施設もあります。そういった施設はもともと武家屋敷だったり、戦前の軍隊の練兵場だったりすることが少なくありません。

 江戸時代において、江戸は現在の東京都心部よりももっと狭い範囲で、新宿や代々木、原宿あたりは郊外でした。そして江戸が東京になり、その範囲を拡大し続けるにあたって、都心部は広くなっていったのです。

 現在では考えられませんが、貨物列車が都心まで乗り入れ、貨物を扱っていた時代がありました。そのころの貨物駅は広大な土地を生かして、現在、大規模施設となっています。今回は、そのような場所を紹介します。

 汐留や飯田町などの都心部には、かつて貨物専門のターミナルがあり、全国からさまざまなものが運ばれてきました。高速道路網がなかった時代、鉄道は主たる貨物輸送の手段だったのです。

 昔からの貨物駅は、いまでは荒川区にある隅田川駅(荒川区南千住)くらいです。東京の貨物駅は1973(昭和48)年以降、東京貨物ターミナル駅(品川区八潮)が中心となっています。なお、1都3県の郊外部にはコンテナ扱いを行う大規模な貨物ターミナルが複数あります。

 現在は全てコンテナの移動で済ませていますが、以前は、貨車のなかに荷物を直接入れ、手作業で荷物を扱いました。それゆえ、都心ダイレクトの貨物駅が必要でした。

汐留の高層ビルは貨物駅の跡地だった


【画像】30年前とまるで別物? 「秋葉原駅」周辺の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_kamotsu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画