五輪メイン会場「国立競技場」から代々木駅まで続く一本道、実は由緒ある古道だった!

東京オリンピックのメイン会場である国立競技場。そこから代々木駅までのナンバーワン帰路、実は古道でした。解説するのは、フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんです。


代々木と国立競技場を最短距離で結ぶ古道

 東京オリンピック、結局、無観客開催になってしまったので書きそびれてた話がひとつあります。それは国立競技場(新宿区霞ヶ丘町)への行き方、帰り方。

 旧国立競技場へは、主にサッカーの試合を観に何度も行きましたが、閉口するのはいつも観戦後。観戦前は人々が三々五々集まるのでよいのですが、帰りは数万人が一斉に移動しますから大混雑となります。

 最寄り駅は「国立競技場前」をはじめとして「千駄ヶ谷」「信濃町」「外苑前」といくつもありますが、一度に動く人数が多い上にひとつひとつの駅は大きくないので大変なことに。で、人混みが苦手なわたし(荻窪圭、古道研究家)はなんとか混雑しないでゆっくり歩いて帰りたいと思ったわけです。

国立競技場から千駄ヶ谷道(白い線)を歩けば歴史も楽しめる上に混雑してない代々木駅へ抜けられる(画像:荻窪圭)

 そこで見つけたのが代々木まで続く道。この道、調べてみると江戸時代の絵図に載ってる古道で、当時は千駄ヶ谷道と呼ばれた道でした。甲州街道から千駄ヶ谷経由で青山方面へつながっていたのです。この道筋がほぼそのまま残っており、しかも起伏も少ない一本道なので歩きやすいし、人も車もあまりいません。

 ではスタートしましょう。国立競技場の南西側にある「観音橋交差点」に出ます。国立競技場の南側のゲートを出て右手の階段を下りると近いかと思います。

鳩森八幡神社で富士登山


【画像】都内屈指の富士塚「千駄ヶ谷富士」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_yoyogi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画