よくある農村だった「蒲田」を繁華街に大変身させたのは「ショウブの花」だった!

大田区の中心地・蒲田。かつては農村だった蒲田の都市化に貢献したのが、1903年にオープンした蒲田菖蒲園です。その歴史について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


コロナ禍は身近な花に注目

 東京都・大阪府・京都府・兵庫県の4府県を対象地域にした緊急事態宣言が、4月25日(日)に発令されました。例年なら多くの人たちが行楽に出掛けるゴールデンウィーク期間でしたが、2020年につづき2021年も外出自粛が呼びかけられる事態になりました。

 2021年はサクラのシーズンにも外出自粛が呼びかけられました。サクラの名所では人が集まらないように花見が禁止に。花をめでる機会が少なくなっています。

 とはいえ、見て楽しむ花はサクラばかりではありません。チューリップやスイートピー、ツツジ、アジサイなど、5月から6月にかけて最盛期を迎える花もあります。例年はサクラばかりに目が行きがちですが、外出自粛で遠出をしにくい今、身近に咲いている花に目を向けてみる機会です。

 端午の節句には、健康を願って菖蒲(ショウブ)湯に入浴する習わしがありました。菖蒲湯の習わしは時代とともに薄れつつありますが、東京近郊ではゴールデンウィークが終わるとショウブが見頃を迎えます。

都内にある菖蒲園

 東京都内でショウブと言えば、堀切菖蒲園(葛飾区堀切)や小岩菖蒲園(江戸川区北小岩)などが有名スポットです。堀切も小岩も“ショウブエン”と読みますが、菖蒲はショウブと読む一方でアヤメとも読みます。

ショウブの花(画像:写真AC)

 同じ漢字を使いますが、ショウブとアヤメは別の花です。また、ハナショウブという花もあり、こちらも別の花です。花に詳しくなければ、それぞれを正確に見分けることは難しいのですが、見分けられなくても花を楽しむことはできます。

 いまや多くの人にめでられるようになったショウブ・アヤメ・ハナショウブですが、東京で人気が爆発するのは明治に入ってからです。そのきっかけをつくったのが、横浜植木という植物専門商社でした。

イギリス人に人気だったユリ


【画像】蒲田菖蒲園の跡地

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210523_shobu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画