コロナ禍になぜ? 日本橋の星付きフレンチが「おでん屋」を6月に開業する理由

レストランガイド「ミシュラン」で4年連続ひとつ星を獲得している、東京・日本橋のフレンチ「ラぺ」。オーナーシェフの松本一平さんは2021年6月、「ラぺ」からほど近い場所におでん屋の開業を予定しています。「フレンチ」「生産者」「サステナブル」……。飲食業界のいまと未来をひも解く、さまざまなキーワードの詰まったおでん屋に込められた思いをフードライターの笹木理恵さんが取材しました。


正月限定で提供し、話題に

 2018年より、4年連続でミシュランガイドのひとつ星を獲得している「ラぺ」(中央区日本橋室町)。オーナーシェフの松本一平さんが、2021年6月に開業を予定しているのが「おでん屋平ちゃん」。ラペからほど近い日本橋室町で、カウンター8席と個室からなる店舗をオープンします。

岩手・石黒農場のホロホロ鳥を使った「つくね」など、素材使いも独特なおでん(画像:ラぺ)

「おでん屋平ちゃん」が誕生したきっかけは、今から数年前。

 松本シェフの実家が和歌山でおでん割烹(かっぽう)を営んでいたことから、自身の原点である味をより多くの人に味わってもらいたいと考え、1週間限定で“フレンチおでん”をコンセプトにしたコースを提供したのが始まりです。

 やるなら徹底してやろうと、器やロゴも用意して「おでん屋平ちゃん」として営業したところ、口コミで話題に。

「来年も食べたい」というお客のリクエストを受けて毎年1月恒例のイベントとなり、近年は予約がいっぱいで断らざるを得ないまでの人気を集めました。

 こうした要望に応えるために、お店として独立させたいという思いが膨らんでいったのだといいます。

 そんな松本シェフの思いを実現に導いたのが、松本シェフと8年間職場をともにし、ラぺではオープニングより右腕として同店を支えてきたスーシェフ・根内大和さんの存在です。和食の経験もある根内さんとともに、「おでん屋平ちゃん」の構想を形にしていったといいます。

新体験「フレンチおでん」とは?


【画像】見たことない「斬新おでん」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_05-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_06-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_07-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_08-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_01-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_02-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画