JR中央線まぼろしの駅 中野~荻窪間に計画された「馬橋駅」とは何だったのか?

JR中央線・中野駅と荻窪駅の間にあるのは、ご存じ高円寺と阿佐ヶ谷。しかしその2駅ではなく「馬橋駅」をつくる計画がありました。「馬橋駅」は、なぜまぼろしに終わったのでしょうか? 編集者・ライターの小野和哉さんが歴史をたどります。


明治22年、現在の中央線が開通

 JR中央本線の中でも、特に新宿駅以西に位置する、中野・高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・吉祥寺辺りの沿線エリアは、いわゆる「中央線カルチャー」ともいうべき独特のサブカル文化を誇る地域圏として、昔から若者たちを中心に人気を集めています。

JR中央線・中野駅と荻窪駅の間にあるのは高円寺と阿佐ヶ谷。しかしその2駅ではなく「馬橋駅」をつくる計画があった(画像:小野和哉)

 雑貨屋、古着屋、レコード店、カフェ、ライブハウス、ミニシアター、アーケードの商店街……。そんなものがよく似合うこの一帯も、かつてはキツネやタヌキ、ムジナなどが徘徊(はいかい)するのどかな農村地帯でした。現在、阿佐ヶ谷駅北口の西友がある場所に住んでいたという古老(1886年生まれ)による、次のようなワイルドな証言が残っています。

「駅の構内は殆(ほとん)ど田圃(たんぼ)で、ウチは田のフチにあったので、タブチと呼ばれておりました。(中略)私が30才頃(明治末年)今のオデオン座前辺りの線路の土手を横切る土管へ狸が逃げ込むのを見付け、皆を呼び集めて土管の両方より竹竿を差し込み、突っ突き大騒ぎをして捕えました。早速皆で、狸汁をサカナにして、1ぱいやりました。毛皮も意外に高く売れ、ビックリしました」(『阿佐ヶ谷駅60年』)

 実際にタヌキやキツネが生息していたというだけでなく、そのような狐狸妖怪(こりようかい)の類いに化かされた、つかれた、あるいはタヌキに恩返しをされたという伝承も文献から数多く見つけることができます。

 1889(明治22)年、甲武鉄道(現在のJR中央本線)が開通して、中野駅、荻窪駅が開業した当時も、杉並の地には田畑や雑木林が広がり、キツネとタヌキが駆け回っているような時代でした。

中野―荻窪間、どこに駅をつくるか?


【画像】まぼろし駅「馬橋」周辺を歩く(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_mabashi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画