2年ぶりに復活した幻想空間――ホテル雅叙園東京がコロナ前と同じ企画展を続けるワケ

ホテル雅叙園東京で現在、企画展「和のあかり × 百段階段2021」が開催されています。日本全国の明かりアートが集結する同展に、ライターの秋山悠紀さんが訪れました。


開催は2年ぶり

 七つの部屋を99段の階段でつなげた「百段階段」は、ホテル雅叙園東京(目黒区下目黒)の前身・目黒雅叙園3号館にあります。

 百段階段は1935(昭和10)年創建のホテル雅叙園東京のなかで唯一現存する木造建築で、東京都の有形文化財に指定されており、現在は人気企画展「和のあかり × 百段階段2021」が9月26日(日)まで開催中です。

 同展は2015年に初めて開催され、2019年までの5シーズンで累計来場者数が35万人を超えるなど、企画展のなかでもトップの人気を誇ります。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け開催を中止したため、2年ぶりの開催となっています。

日本全国の明かりアートが集結

 2021年のテーマは「ニッポンの明かり、未来のひかり」。日本五大風鈴や切り子、陶芸、月山和紙、琉球(りゅうきゅう)ガラスなど日本全国から34もの出展者による明かりアートが集結し、文化財である百段階段を彩っています。

ホテル雅叙園東京で開催されている「和のあかり × 百段階段2021」(画像:秋山悠紀)

 展示されているのは、北は北海道、南は沖縄まで日本全国の伝統工芸や美術品の品々。百段階段の七つの部屋をそれぞれ

・風のあかり
・ガラスのあかり
・紙のあかり

などと展示テーマを分け、全国から集められた工房やアート作家の作品をズラリと並べました。

 また、各部屋には企画展のためにつくられたオリジナルBGMも流れており、会場はまるで映画のような雰囲気。展示会場は全期間、全時間帯で撮影が可能。歴史的な文化財と幻想的な明かりに包まれた夏だけの百段階段で、ひと夏の非日常を楽しめます。

2020年から企画展をすべて中止


【画像】目にも美しい「和のあかり」の数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_gajo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画