銀座「宇宙船」ビルも解体危機――なぜ今、東京から個性派ビルが消えつつあるのか

個性的デザインのビルが次々と解体されつつある東京。その背景には一体何があるのでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


東京に個性的な社屋が多かったワケ

 このほど、東京・千代田区丸の内にそびえる東京海上日動ビルディングの建て替え計画が発表されました。

 同ビルは戦後日本を代表する建築家・前川國男がデザインで、当初、高さ約178mになる予定でしたが、「高いビルは美観を損ねる」という理由から問題視され、99.7mに予定を変更して完成されました。

 当時、東京は高度経済成長の真っただなかにあり、それだけに経済界は活況を呈していました。オフィスビルの需要は旺盛で、しかも伸び盛りの企業は、高さだけではなく自社のスケールを大きく見せるために競うように著名な建築家を起用。建築家も自分の才能を発揮させて、意欲的なデザインのビルを次々と設計して行きました。

 そのため、東京のオフィス街には個性的なデザインの社屋が多く見られるようになったのです。

解体が告知された中銀カプセルタワービル

 そうした波は個人住宅・集合住宅にも及びます。

 1972(昭和47)年に完成した中銀カプセルタワービル(中央区銀座)は、建築家・黒川紀章がデザインした集合住宅です。銀座の端に位置する同ビルは、宇宙船のような外観から異彩を放つビルとして高い人気がありました。

中銀カプセルタワービルは宇宙船と形容されるデザイン。銀座で異彩を放つ建築物として人気が高かった(画像:中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト)

 中銀カプセルタワービルは、古くなったユニット(個々の居室)を交換することで建物を半永久的に使用できることがウリのひとつになっていました。これは、生命が新陳代謝を繰り返して行くことを念頭においた コンセプトだったようです。

 2007(平成19)年の都知事選に出馬した際も個性的なデザインの選挙カーを使用して都民の度肝を抜くなど、黒川デザインは常人の考えとはかけ離れたコンセプトを感じさせます。

 中銀カプセルタワービルは、築50年に近づいてきた頃から解体計画が浮上していました。奇抜なデザインから高い人気を誇っただけあり、多くのファンが保存を要望。ユニットを購入して、保存活動を実践していたファンもいました。しかし、設計思想の根底にあったユニットの交換は一度もありませんでした。

 長らく、中銀カプセルタワービルはたびたび解体の話が出ては消えを繰り返しました。そして、このほど解体と建て替えを計画する不動産業者が買収することが決定しました。

早すぎたSOHOワーカー向け物件


【画像】「宇宙船」ビルの室内

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210510_capsule_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画