一目でわかったらドラマ通? 『相棒』ファンなら当然知ってる都内「喫茶店」5選

2000年からシリーズが始まったテレビドラマ『相棒』は、20年を超えてなお多くのファンを魅了する大人気シリーズ。東京都内には、作中に登場した喫茶店がいくつもあります。純喫茶探訪家の わしわし さんが、各店を訪ねました。


20年超のシリーズを彩った名店の数々

 テレビ朝日系で2000(平成12)年から放送されている『相棒』シリーズは、20年以上にわたり多くのファンを魅了し続ける人気の刑事ドラマ。特命係に所属する杉下右京(水谷豊さん)とその相棒たちが数々の難事件を解決していくストーリーで、相棒役が変わるごとに変化する関係性も作品の魅力のひとつです。

2021年3月にseason19の最終回を迎えた人気シリーズ『相棒』。season18のBlu-ray&DVDが2020年10月に発売し、好評を博した(画像:ハピネット)

 そんな『相棒』には作中、さまざまな喫茶店が登場します。どのお店も物語の重要な役割を果たしており、注目してドラマを見るといっそう楽しめることでしょう。

 そこで今回は、シリーズを通して何度も登場するお店など『相棒』でロケに使われた東京都内の喫茶店を5店、紹介します。

1. 大森「珈琲亭ルアン」

 最初に紹介するのは、JR大森駅から徒歩数分の場所にある「珈琲亭ルアン」(大田区大森北)。

 ここは『相棒』だけでなく数多くのドラマや映画のロケ地としても有名なお店。『相棒』ではSeason15の第9話「あとぴん」で、杉下右京や捜査1課のふたりが関係者から話を聞く際に登場しました。

「珈琲亭ルアン」は1971(昭和46)年創業の老舗店。店内へ足を踏み入れると、バラ柄のじゅうたんやコーヒー豆が敷き詰められたテーブルなどが目に入り、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

銀のトレーに乗ったモーニングセットが魅力の「珈琲亭ルアン」(画像:わしわし)

 13時まで注文可能なモーニングセットは、軽めの昼食にもぴったり。さらに種類豊富なドリンクメニューの中には聞き慣れない名前もあり、運ばれてくるまでワクワクしながら待つことができます。

 撮影に使われた1階席はもちろん、ふかふかのソファーが魅力の2階席も。座る席によって雰囲気も変わるので何度でも訪れたくなります。まさに“相棒気分”に浸るには打ってつけのお店です。

登場回:Season15第9話、ほか

2. 六本木「デンメア ティーハウス」


【全部見た?】『相棒』劇場版&スピンオフ全6作品

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210429_aibo_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画