一気に40店舗も入れ替え――不動産業者も驚く「GINZA SIX」大量閉店のワケ

今月「空き店舗だらけ」になったとしてファンを不安にさせた「GINZA SIX」ですが、実は大胆な方向転換でした。都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。


「空き店舗だらけ」で話題になったが……

 銀座駅近くの大型商業施設「GINZA SIX」(中央区銀座)が、開業4周年を前に全館での大型リニューアルを発表しました。

 GINZA SIXは「大丸松坂屋百貨店」や「パルコ」などを傘下に持つJ.フロントリテイリング(同)などが運営する複合商業施設で、百貨店「銀座松坂屋」跡に2017年4月開業しました。

2017年4月20日にグラウンドオープンしたGINZA SIX(画像:若杉優貴)

「Life At Its Best-最高に満たされた暮らし」をコンセプトに、「VALENTINO」「FENDI」「Dior」などのラグジュアリーブランド、大丸松坂屋百貨店によるライフスタイルゾーン「SIXIEME GINZA(シジェーム ギンザ)」、アートに特化した「銀座 蔦屋書店」など約240店舗が出店するほか、稲荷神社がある屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」や「観世能楽堂」などといった文化交流施設も設けられています。

 GINZA SIXといえば、2021年1月に「空き店舗だらけ」になったとして多くのメディアをにぎわせたばかりですが、実は「全館リニューアル」に伴うもの。新店舗は1月末から順次オープンしており、4月末までに新たに40店以上が出そろうことになります。

 それでは、新たに出店する店舗とその特徴を見ていきましょう。

リニューアルのカギ、ひとつめは「海外ブランド」


【懐かし画像】2013年に閉店した「銀座松坂屋」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210131_six_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210131_six_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210131_six_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210131_six_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210131_six_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210131_six_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画