室内でも花見を満喫 桜1本から購入可能なフラワーショップ、カフェでは桜スイーツも

2019年3月27日

お出かけ
ULM編集部

青山フラワーマーケットの店頭で桜や桜関連の商品を販売中です。また、姉妹ブランドのティーハウスでは、桜のスイーツを期間限定で展開。フラワーレッスンと桜の食事を楽しむイベントも開催予定です。


桜の生花を1本から販売、室内にも桜を飾って花見を満喫

 東京は桜の季節が到来。この時季、室外だけでなく、室内でも花見気分を楽しみたいもの。

 フラワーギフトショップ「青山フラワーマーケット」の都内の店頭では啓翁桜や、小ぶりなひより桜、濃いピンクが特徴の陽光桜といった様々な桜を販売中です。1本から購入することが可能で、販売期間は3月いっぱいとしています。八重桜についてはひと足遅く、3月下旬~4月頭に店舗に入荷するとのことです。

青山フラワーマーケットで桜の商品を販売。1本から購入可能。写真は八重桜。(画像:パーク・コーポレーション)

 桜入りの旬の花を束ねたマルシェブーケや、枝もの・花・葉ものを合わせたブランチブーケといった商品もラインナップ。長さやテイストもバリエーションを揃えていて、室内を季節感たっぷりに彩ってくれることでしょう。

 姉妹ブランドの「青山フラワーマーケット ティーハウス」では、3月中は店内で桜のディスプレイを行っています。

 青山フラワーマーケット ティーハウスの南青山本店は、青山フラワーマーケットが運営するカフェとして2011年にオープンしました。「温室」をコンセプトにした店内には、植物や週替わりで変化する季節の花が飾られ、自然に囲まれた空間でフレッシュハーブティーや、エディブルフラワーをトッピングしたカフェメニューなどを楽しむことができます。

 また、桜の開花に合わせて、3月31日(日)まで桜のスイーツを提供しています。桜エキスの自家製ジェリーが乗ったクレープ「桜だより」(1296円)は、白玉と桜餡(さくらあん)をトッピング。桜の香りが漂う葉の上には、桜もちアイスを乗せ、周囲をグラノーラと桜のエディブルフラワーで彩っています。まさに、桜満載のスイーツです。

 ほのかに桜香る優しいホットミルク「桜みるく」(648円)も期間限定。赤坂Bizタワー店、アトレ吉祥寺店でも、これらふたつのメニューを楽しめます。

フラワーレッスンと桜をイメージした食事を楽しめるイベント開催


ティーハウスの桜満載のスイーツ(7枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/03/190325_aoyamaflowershop_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190325_aoyamaflowershop_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190325_aoyamaflowershop_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190325_aoyamaflowershop_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190325_aoyamaflowershop_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190325_aoyamaflowershop_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190325_aoyamaflowershop_02-150x150.jpg

New Article

新着記事