悶絶キュート! たっぷりいちご&モフモフ猫のビュッフェ、ヒルトン東京で開催中!

ヒルトン東京で30年以上、毎年恒例で開催されているいちごデザートフェア。今回は、愛らしい猫たちが登場し、フレッシュないちごをあしらったスイーツ30種とともに、パリの街をイメージした空間に並びます。


「ホテルに入った瞬間、いちごの香りに包まれる!」

 いちごが美味しい季節。デザートビュッフェの先鋭、ヒルトン東京(東京都新宿区)の1階「マーブルラウンジ」で、いちごをふんだんに使用した「ストロベリーCATSコレクション」が開催されています。

いちごたっぷりな「ストロベリーCATSコレクション」の様子(画像:ヒルトン東京)



 期間は2018年12月26日(水)から2019年5月中旬まで(予定)。ヒルトン東京では、毎年この時期にいちごデザートフェアが行われるのが恒例で、前回のフェア期間中にはなんと、ホテル全体で7万8000パック、約22トンという、大量のいちごを使用したといいます。

「いちごフェア期間中は、『ホテルに入った瞬間に、いちごの香りに包まれる!』という声がお客様から届くほど、フレッシュないちごをたっぷり使用しています」とヒルトン東京の担当者は話します。

つやつや、大粒のいちごがトッピングされた『ストロベリータルト ア・ラ・パリジェンヌ』(画像:ヒルトン東京)

 今回いちごとタッグを組んだのは、キュート極まりない「猫」たち。

デザートの狭間に置かれた猫(画像:ヒルトン東京)

「可愛らしい世界観かつ、今までにないユニークな形でお届けしたいと思案し、コンセプトとして『猫カフェ』を思いついたのが、今ビュッフェの始まりです。

 もちろん、ホテルのレストランですので本物の猫は無理ですが、愛らしいポーズをした猫の作品や置物などを起用することによって、癒しや楽しさをお届け出来るのではと考えています」(ヒルトン東京)

華やかないちごの空間の左下でちょこんと転がる猫(画像:ヒルトン東京)

 ラウンジ内には、モフモフした、羊毛フェルト製の猫が数体置かれるほか、猫グッズや置物などを配置。いずれも、意外な場所に、意外なポーズで登場することをテーマに作り込んでいるそうです。

 さらに、スイーツのディテールにも、シェフの遊び心が満載。たとえば、一口サイズのクリームパン『猫パンチ』は、ぷにぷに、まんまるとした猫の手をイメージしているといいます。

ふっくら。一口サイズのクリームパン『猫パンチ』(画像:ヒルトン東京)

『ストロベリー’キジトラ’シャルロット』は「キジトラ模様(鳥のキジと、猫科のトラの模様が混合したような、猫の模様)」がたまりません。

『ストロベリー’キジトラ’シャルロット』の外側は、キジトラ模様のビスキュイ(焼き菓子)で覆われている(画像:ヒルトン東京)

 模様が描かれる部分は、ビスキュイ(焼き菓子)。その内側には、優しい味わいのバニラムースや苺のジュレが包まれ、その頭上には、大粒のいちごとトラ模様のチョコレートがトッピングされています。

子猫の公園デビューをイメージしたスイーツも!

 ルビーチョコレートとパッションフルーツのタルトに、たっぷりのいちごと肉球マークをあしらった『ル・シャ・ルージュ』も、愛らしさがたまらない一品。

ルビーチョコレートといちごの鮮やかさが際立つ『ル・シャ・ルージュ』(画像:ヒルトン東京)



 香り高いフレーズ・デ・ボア(野いちご)をいちごのムースに忍ばせた『マ・ミネット』も、ラズベリーでつくられた猫耳がキュートです。

ラズベリーで猫耳を表現した『マ・ミネット』(画像:ヒルトン東京)

『苺ダックワーズ 子猫の公園デビュー風』という一品も。こちらは、「パリの子猫の公園デビューが、こんなケーキの上で行われたら可愛い」という思いから名付けられたといいます。

 ピスタチオのダックワーズ(メレンゲを使った、アーモンド風味の焼き菓子)は鮮やかなグリーン色。その上にいちごが配置されている様子がまるで公園のようなケーキです。

グリーン色が印象的な『苺ダックワーズ 子猫の公園デビュー風』(画像:ヒルトン東京)

 さらに、タピオカ入りのミルクシェイク『ストロベリーシェイク』や、レモンバーベナ(ハーブの一種)の香りを抽出したいちごジュース『ストロベリーショット』なども。

『ストロベリーシェイク』はいちごとバナナの優しい味わい。タピオカ入り(画像:ヒルトン東京)
『ストロベリーショット』。中には、いちごと赤スグリが入っている(画像:ヒルトン東京)

 そのほか、パリらしいバゲットサンドや、クスクスサラダなどの軽食5品のほか、ヒルトン東京名物『チョコレートファウンテン』(3種)や『コールドマーブルアイスクリーム』、『マカロン』なども好きなだけ、楽しむことができます。

 猫といちご。端から端までキュートさ全開の甘酸っぱいラインナップを、フレッシュな香りに包まれながら楽しんでみるのはいかがでしょうか。

●「ストロベリーCATS コレクション」
・住所:東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」
・交通アクセス:丸ノ内線「西新宿駅」C8出口から徒歩約2分、大江戸線「都庁前駅」から徒歩約3分、各線「新宿駅」西口から徒歩約10分
・開催期間:2018年12月26日(水)~2019年5月中旬(予定) 14:30~17:00もしくは15:00~17:30(2時間30分制) ※1月1日(火)~3日(木)は除く
・料金:大人 平日3900円、土休日4050円(コーヒーまたは紅茶付き) ※別途税金とサービス料が加算されます。
・予約:公式ウェブサイトにて。

※マーブルラウンジでは、2019年1月1日(火)~1月3日(木)の間は「ニューイヤーブランチビュッフェ」を開催。時間は12:00~16:30、料金は6500円(子どもと60歳以上は、別途料金設定あり)。詳細は公式サイトを参照。

※無料シャトルバスあり(新宿駅西口京王デパート前、21番のバス停より毎日循環運行)。
※掲載の情報は全て2018年12月時点のものです。


この記事の画像をもっと見る(22枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_20-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_21-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_22-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181226_ichigo_11-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画