絶海の孤島からやって来た「野生の猫」が都心の猫カフェで大の甘えん坊に変わるまで【連載】猫カフェを訪ねて(1)

2020年7月17日

お出かけ
ULM編集部

愛くるしい猫、やんちゃな猫、怖がりの猫、泰然自若として仙人のような猫。どんな猫にも、生まれ育ちの物語がある――。猫好きによる、猫好きのための連載「猫カフェを訪ねて」。第1回は遠く離れた離島の山林で育ち、東京都心の猫カフェへと保護された猫たちの物語です。


はるか南の島からやってきた

 その猫カフェにいる猫たちは、東京都心から南へ約200km、太平洋に浮かぶ小さな離島で暮らしていました。

保護猫カフェたまゆらの猫たち。街で保護された猫たちとの違いは?(2020年7月5日、遠藤綾乃撮影)

 人間の生活とは隔絶されて、島の森で暮らしてきた「野生の猫」たち。そんな彼らはなぜ、東京都心の猫カフェへとやってきたのでしょう。街で育った保護猫たちと何が違うのか、そして猫カフェで一体どんな暮らしをしているのでしょうか。

希少種の鳥を守るために捕獲

 東京都・御蔵島(みくらじま)村。

 人口321人(2018年8月時点)、総面積は北区とほぼ同じ約20.5平方キロメートルのこの島は、自然豊かな海域と山林に恵まれた有人島です。野生のミナミハンドウイルカと泳げる島として人気があり、東アジアに広く生息する海鳥・オオミズナギドリの世界最大の繁殖地でもあります。

東京都心から南へ約200kmのところにある、東京都御蔵島村の位置((C)Google)

 一方、2000年頃から島内で徐々に増え始めたのが「野生の猫」でした。

 人間が持ち込んだとみられる猫たちは繁殖を繰り返し、やがてオオミズナギドリを襲うようになります。

 1970年代には推定175万~350万羽とされていた生息数は、この十数年で激減し、2019年の調査では推定11万7000羽にまで落ち込んでいることが確認されました。

「オオミズナギドリと猫、両方を守るために、猫たちを島外へ連れ出そう」――。島の自然を愛する有志たちが立ち上がり、本格的な猫の保護活動に乗り出したのは2017年8月。

 かくして御蔵島出身の猫たちは、次々と東京都内の保護猫カフェへとやってきたのでした。

受け入れを決めた店長の思い


【画像】猫カフェの「御蔵島出身」の猫たちを見る(13枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_neko_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画