コロナ対策で始まった「ドライブスルー八百屋」がむしろ人気になったエモい理由

2020年6月24日

お出かけ
ULM編集部

2020年春の新型コロナ禍で、客と従業員との接触を避けるために始まった販売サービス「ドライブスルー八百屋」。これが思わぬ反響を呼び、第1波がおおむね収束した7月以降も事業継続されることになりました。どんなところが消費者に受けたのでしょう。


きっかけは生産者支援と「3密」回避

 世間が外出自粛ムード一色に覆われた2020年春、全国の飲食店がコロナ禍の“苦肉の策”として次々にテイクアウトやデリバリーに乗り出しました。

 そんな中、都内のある青果卸売業者が始めたのは「ドライブスルー八百屋」というサービス。

配送センターにできた購入者たちの車列(画像:フードサプライ)

 野菜生産者の支援と「3密」回避のために始めた取り組みでしたが、利用者から思わぬ反響を呼び、自粛が解けた7月以降も継続させることになったのだそう。

 一体どんな背景があったのでしょうか。

「普段食べてる野菜よりおいしい」

 事業者の名はフードサプライ(大田区東海)。

「ドライブスルー八百屋」を始めたのは4月9日(木)、東京都などに「緊急事態宣言」が発令された2日後のことでした。

 普段は都内の飲食店などに野菜の卸売りを行っていた同社ですが、多くの店が営業短縮や休業に追い込まれ、取引先である野菜生産者たちはピンチに見舞われます。

 そこで代表の竹川敦史さんが発案したのがこの「ドライブスルー八百屋」。文字通り、一般の消費者に自家用車で同社の配送センターを訪れてもらい、従業員が商品の野菜を車のトランクに積み込むというものです。

ドライブスルーで野菜を購入。どんな点が魅力なのか?(画像:フードサプライ)

 商品はキャベツやタマネギ、長ネギ、ニンジンといった料理の定番野菜と、リンゴなど果物の詰め合わせ。その日その日の新鮮野菜を配送センター従業員が段ボールに詰め合わせて、値段は3500円(税込み)。お米5kg付きセットなら5000円です。

 このサービスが思わぬ反響を呼びました。「普段スーパーで買って食べている野菜より何だかおいしい」という声が利用者から寄せられたのです。

ドライブ感覚で買い物を楽しむ親子


【ドライブスルー八百屋とは?】購入できる野菜セットを見る(画像1枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200623_yaoya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200623_yaoya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200623_yaoya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200623_yaoya_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画