見ているだけじゃもったいない! 5月の浅草三社祭、今すぐできる撮影テク3選

毎年5月に行われる浅草三社祭では、誰でも応募できる「フォトコンテスト」が開催されています。コンテストへの参加を考えながら会場に足を運べば、より深く、祭りの世界に入り込んで楽しむことができるのです。


入賞作は浅草神社内で展示、賞金や記念品も

『女子力神輿』2016年度三社祭フォトコンテスト入賞作品(川崎晴代撮影)

 浅草の代表的な風物詩といえば、毎年5月に行われる浅草神社の例大祭、三社祭(さんじゃまつり)。2019年は5月16日(木)から19日(日)まで開催され、お囃子屋台やさまざまな踊り手たちによる「大行列」、約100基もの町内神輿(みこし)と3基の本社神輿が神社周辺の町をまわり、浅草一帯は活気にあふれます。

 その様子を見物するだけでも十分に江戸情緒を味わうことができるのですが、祭りに合わせて開催される「三社祭フォトコンテスト」に参加するつもりで会場に足を運べば、その情景をより深く観察して祭りの世界に入り込めるようになり、普通に観光客として見に行くよりもっと”前のめり”に祭りを楽しめます。

 フォトコンテストの募集要項は、三社祭ホームページで発表されます。良い写真が撮れたら、コンテスト入賞も夢ではありません。2018年を例に挙げると、三社祭大賞(賞金3万円)、一之宮賞・二之宮賞・三之宮賞(いずれも賞金1万円)が各1点、佳作(オリジナル記念品贈呈)が数点選ばれ、審査員特別賞やユーモア賞も発表されていました。

 入賞作品は浅草神社の三社祭公式ホームページに掲載され、さらに期間限定で浅草神社内にも掲示されます。筆者は2016年のコンテストで佳作をいただいいたことがあるのですが、記念品としてオリジナル手ぬぐいと浅草神社奉賛会が出版している三社祭の公式本がもらえました。

 ただ、「賞を狙うにはどんなものを撮ったらいいの?」と悩む方もいるのではないでしょうか。ぜひ、過去の受賞作を公式ホームページでチェックしてみましょう。たくさんの魅力的な作品を見ることができます。
 
 あくまで筆者の私見ですが、

・祭りの様子と東京スカイツリーが一緒に写っている
・背景を考えて、高い位置から神輿を撮っている
・子供の無邪気さが感じられる

の3つの要素は、受賞作品に多く見られるように思います。

お神輿の撮影は、事前に公式サイトで「朱引」をチェック


三社祭の写真を見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190425_sanjaphotocon_02-150x150.jpg

New Article

新着記事