なぜ日本では「エスニック料理 = 東南アジア」と認識されているのか【連載】アタマで食べる東京フード(5)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


本来は全ての民族料理が「エスニック」

 外出自粛中に全国で品薄になり、スーパーの売り場から消えたのが、小麦粉、ホットケーキミックス、バター。巣ごもり生活でスイーツの手作りが流行して需要が急増し、供給が追いつかなくなったためでした。

 普段できないことがやれる時間的余裕もさることながら、ストレスで甘いものが食べたくなる心理的要因が大きかったと思われます。苦境にある外食店とは対照的に、街のお菓子屋さん、パン屋さんの売り上げも好調でした。

 元通りの生活がすぐ戻るわけではなく、ストレスフルな暮らしは続くでしょう。2020年も猛暑らしいので、これからの季節は甘いものにかわって辛いものでストレス解消してはいかが? ということで、今回はエスニック料理の話です。

エスニック料理といえば、東南アジア料理――日本人はいつからそう認識するようになったのか(画像:写真AC)

 いまでは家庭料理、飲食店のジャンル分けに「和・洋・中・エスニック」と併記されるのが普通になり、食の分野でも頻繁に使われるようになった「エスニック」。

 本来は「民族的な」「民族特有の」という意味で、1970年代後半から音楽とファッションの最先端トレンドとして登場した言葉です。

 音楽では、テクノポップに東洋趣味を融合させたグループ「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」、ファッションでは民族調を打ち出した高田賢三(KENZO)などが典型。ロックもクラシックも欧米一辺倒、ファッションはパリのモードを崇拝していた日本人にとって、画期となる出来事でした。

 80年代になると、エスニックは食の世界にも広がりました。記念すべき女性誌初の特集は、『Free』(平凡社)1983(昭和58)年12月号、タイトルはそのものズバリの「エスニックを食べる」。

『東京エスニック料理読本』(冬樹社)と『食は東南アジアにあり』(弘文社)が刊行されたのが翌1984年。さらに1985年になると、もう「これを食べないと時代に遅れる」的なブームの様相を見せていました。

芽生え始めたアジア文化への関心


【画像】日本で一番古いタイ料理店「バンコク」の場所をチェックする(画像4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ethnic_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画