東京・三田の再開発で突如出現 建築家「丹下健三」の麗しき名作とは

「世界のタンゲ」と呼ばれた丹下健三(2005年没)が都内に残した建築物について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


活発化する都内の再開発事業

 昨今、都心回帰が顕著になり、東京では再開発事業があちこちで活発化しています。事業終了後、それらのエリアには背の高いオフィスビルや住宅用マンションが立ち並ぶ未来図が示されています。

 日本全体で人口減少が加速度的に進んでいますが、東京都はいまだ人口が増加傾向にあります。特に、都心5区といわれる千代田区・港区・中央区・新宿区・渋谷区は、人口減少と無縁です。それどころか、再開発によって人口が流入しています。

 先ごろ開業した高輪ゲートウェイ駅(港区港南)は、鉄道駅として利用できるようになりました。しかし「まちびらき」は2024年とされており、周辺は急ピッチでまちづくりが進行中です。

三田にある不思議な形の巨大な建物

 再開発が進められている高輪ゲートウェイ駅の目の前には、第一京浜と呼ばれる幹線道路があります。この第一京浜を田町駅方面へと進むと、突如として不思議な形をした巨大な建物が目の前に現れます。それが、在日クウェート大使館(港区三田)です。

再開発により第一京浜に面したビルが撤去され、一時的に全体が俯瞰(ふかん)できるようになった在日クウェート大使館(画像:小川裕夫)

 1990(平成2)年にイラクが侵攻したことを機に湾岸戦争は開戦。多くの日本人は、湾岸戦争でクウェートという中東の国を知ることになりました。それまで、クウェートという国を知らなかった日本人は多かったことでしょう。

 産油国として知られるクウェートは、1961(昭和36)年にイギリスから独立。1962年に港区三田に大使館を設置しました。

 在日クウェート大使館は、第一京浜に面していません。第一京浜と在日クウェート大使館の間には、いくつかの建物がありました。第一京浜沿いには住友不動産のビルが建ち、それらのビルに阻まれて、第一京浜から在日クウェート大使館全体を見ることはできなかったのです。

建築界で半世紀以上のトップランナー


【画像】実に優美! 全国に残る丹下健三の作品を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_tange_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画