都内で「春の絶景」が味わえる? 荒川線沿線を歩く 新庚申塚~早稲田編

現存する唯一の都電「荒川線」。三ノ輪橋停留場と早稲田停留場を結ぶ同線の沿線散歩について、サンポマスターの下関マグロさんが3回にわけて解説します。


新庚申塚停留場近くのユニークな名前の商店街

 かつて路面電車は東京の街を縦横無尽に走っていましたが、現在では都電荒川線を残すのみとなっています。

 荒川区の三ノ輪橋停留場から新宿区の早稲田停留場、まで停留場の数は30。各区の停留場の数は、荒川区が13、北区が6、豊島区が9、新宿区が2となっています。3回目となる本稿では、荒川線の豊島区から新宿区までの区間を歩きます。

 まずは、豊島区西巣鴨3丁目にある新庚申(こうしん)塚停留場、停留場の駅番号はSA20です。白山通りをはさんで早稲田方面のホームが東側、三ノ輪橋方面のホームが西側にあります。

早稲田方面へ向かう荒川線が白山通りを越えていく(画像:下関マグロ)

「お岩通り商店会」というちょっとユニークな名前の商店街があります。

 名前の由来は、巣鴨5丁目の交差点近くにある妙行寺(豊島区西巣鴨)に「東海四谷怪談」で知られる「お岩さん」の墓があるからです。妙行寺はかつて四谷にあったそうですが、こちらに移ってきたとのこと。お参りしてみるのもいいかもしれません。

「巣鴨地蔵通り」は旧中山道

 また、白山通り北西方向約300mのところに都営三田線の西巣鴨駅があり、乗り換えができます。

 次の庚申塚停留場すぐの場所に、「巣鴨地蔵通り商店街」があります。JR巣鴨駅から少し歩いた場所に商店街の名前が書かれたゲートがあります。そこから780m続く、けっこう長い商店街です。

「巣鴨地蔵通り商店街」の入り口の様子(画像:写真AC)

 この地蔵通りは旧中山道で、板橋宿の手前にある立場(たてば。休憩所)として江戸時代からにぎわっていたそうです。

ホーム内に甘味所がある停留場も


【地図】第3回目のスタート地点「新庚申停留場」の場所をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200310_arakawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200310_arakawa_08-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画