柴又の魅力は「日常」にありーー『男はつらいよ』新作公開後も全く変わらぬ風景とは

2019年末、実に22年ぶりとなる新作映画が公開された『男はつらいよ』の舞台、葛飾区・柴又。2年ぶりに訪れたルポライターの昼間たかしさんが、変わったもの、変わらないもの、そしてあらためてこの街に感じる魅力について考えました。


劇中の雰囲気が今もそのまま息づく街

 シリーズ開始から50周年を記念し、2019年末に公開された映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』。

 テレビドラマを経て1969(昭和44)年から劇場作品として毎年公開され続けた、日本映画を代表するシリーズです。

 1995(平成7)年の『男はつらいよ 寅次郎紅の花』の公開後に渥美清さんが死去し、シリーズは1997(同9)年の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』を最後に制作を終えていました。

 もはやシリーズの続編はないと思っていたわけですが、この復活に多くのファンは喜んだでしょう。

柴又駅前に立つ寅さん像。奥の飲食店は、すでに取り壊されている(画像:写真AC)

 振り返れば『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』の時も、寅さんはCGでの登場でした。

 それから20年余りの時を経て技術も進歩しているので、もっと自然に寅さんが登場するのではないか……と期待していたところ、メインはさくらの息子である満男(吉岡秀隆)。

 シリーズのいくつかではスポットライトを浴びてきた登場人物なので、それでもまったく違和感はありません。あまりネタバレになることは避けたいのですが、結局、後藤久美子演じるイズミとは結ばれなかったことも今作では語られ、さまざま複雑な思いが去来します。

少しずつ変わりゆく駅前広場


【アンケート調査】「寅さんのような男性に憧れる?」男女で真逆に回答結果に

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200306_tora_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画