東京と地方、結局どっちに住むのがいいの? 4つの観点で比較してみた

「東京」暮らしと「地方」暮らし。それぞれ一長一短はありそうですが、比べてみたとき結局メリットが大きいのはどちらでしょう。ライターの宮野茉莉子さんが「4つの観点」から比較しました。


拡大し続ける「最低賃金」格差

「地方に移住してみたい」「都心と田舎の2拠点生活がしたい」など、地方での生活を夢見る人が増えている昨今。しかし実際に田舎に住んでみて、「やっぱり東京の方が住みやすかった」と思い直す人も少なくないようです。

 特に小さな子どもがいる家庭は、収入面や教育環境を考えて「むしろ東京に住んだ方が良いのかもしれない」と思うケースもあるようです。4つの観点から考えてみましょう。

都会に暮らす女性のイメージ(画像:写真AC)

●仕事と生活費の兼ね合い

 東京と地方で大きく異なるのが仕事、とりわけ「業種、求人数、収入」です。最低賃金で働いた場合の年収総額を比べた場合の、都市と地方の違いは歴然。その差はこの10年で2倍にまで拡大しました。

 例えば派遣のオフィスワークで比較すると、東京なら時給1500~1600円のところ、地方では1100円ほどが相場です。同じ時間を働いても当然、東京の方が給料は多く支払われます。地方の場合「正社員でも手取り10万円台」ということも決して珍しくありません。

 業種の選択肢にも違いが表れます。

 地方で「安定した職業」といわれるのは、公務員、金融、看護師、保育士など。地方の求人は業種も求人数も限られ、ウェブ系などクリエーティブな職業はぐんと少なくなります。働き方のスタイルについても、テレワークの導入といった取り組みはどうしても地方の方が遅くなりがちです。

「給料が高い分、東京は家賃も高い」という指摘もありますが、東京への電車通勤が可能な埼玉県の南部や神奈川などを居住地に選べば、家賃は抑えられます。

 地方は東京に比べれば家賃は低いものの、その代わりに欠かせないなのが「自家用車」です。車本体の購入代金、ガソリン代、自動車税、保険、修理代、タイヤ交換代、駐車場代……と考えてみると、東京に暮らすよりむしろ車を所有する方が負担が重いのでは、という声もあるほどです。

 物価も、東京都内でも住む地域によっては地方とあまり変わらないところも多いようです。例えば板橋区在住のある女性は「近くにある商店街は、一般的なスーパーよりもかなり野菜が安く手に入る」と話します。

共働き世帯「子育て支援」の充実度


【インターネット調査】東京と地元、働くならどっちがいい?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200116_kurashi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/200116_kurashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200116_kurashi_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画