新宿の戦争遺跡「戸山ヶ原」にたたずむ教会が封じ込めた軍都の記憶

新宿区の戸山エリアにかつてあった大規模な軍事施設について、都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。


江戸時代は徳川家の下屋敷

 新宿区のほぼ中央、現在の住所で戸山と大久保3丁目には、かつて大規模な軍事施設がありました。今回は都内に数多く残る戦跡のひとつ、戸山ヶ原(とやまがはら)の話です。

 戸山ヶ原は南が大久保通り、北が諏訪通り、東が早稲田大学の戸山キャンパス、西がJR山手線に囲まれた、東西約1km、南北約800m、ディズニーランドが優にふたつ入るほどの広大な敷地です。

平和を祈念し続ける日本基督教団戸山教会。石造りの部分がかつての将校集会所(画像:黒沢永紀)

 中央を南北に走る明治通りを中心に東側には、戸山公園の箱根山地区、早稲田大学戸山キャンパス、国立感染症研究所(感染研)、国際医療研究センター、学習院女子大学、都立戸山高等学校、そして巨大団地の戸山ハイツなどがあります。

 江戸時代、この一帯は尾張藩徳川家の下屋敷で、敷地内には小田原宿の再現や築山「玉円峰(ぎょくえんぽう)」など、趣向を凝らしたさまざまな景観が造られ、戸山荘と呼ばれていました。将軍も観覧に来るほどの名庭園だったようですが、幕末の頃の大火で荒廃して以来、再興されることはありませんでした。玉円峰は「箱根山」と名前を変え、23区内の最高峰(44.6m)として、現在も戸山公園に残っています。

 維新後は軍用地となり、軍楽(軍隊の士気をふるいたたせるために演奏する音楽)や体操など陸軍の総合的な教育機関だった戸山学校が開設。荒廃した戸山荘をそのまま流用した演習場は一面の原っぱで、その光景から一帯は戸山ヶ原と呼ばれるようになったようです。

明治維新後に設営された競馬場


【画像】当時を物語る「戸山教会」の内部

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200107_toyama_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_toyama_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_toyama_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_toyama_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_toyama_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_toyama_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_toyama_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画