軍事バランスだけが本当に必要なのか? 夢の島「第五福竜丸展示館」から聞こえる平和へのメッセージを聞け

1954年3月に発生した第五福竜丸の被爆事故。その記憶を手繰り寄せるべく、都市探検家の黒沢永紀さんが江東区の「第五福竜丸展示館」を訪ねました。


1954年3月1日の出来事

 かつて大規模なゴミ処分場だった江東区の夢の島。その北端に、ちょっと変わった形の近未来的な建物が静かにたたずんでいます。「第五福竜丸展示館」。今回は、都内にある被爆遺構の話です。

「第五福竜丸展示館」内で静かに眠る第五福龍丸(画像:黒沢永紀)

 放射能を浴びることを一般的には「被曝」と書き、その中で、特に爆弾によって放射能の被害を受けることを「被爆」というように火偏を当てて区別するようです。日本は、3度の被爆を体験している国。ヒロシマ、ナガサキ、そしてこの展示館に眠る第五福竜丸の被爆です。

 戦争の痛手がさめやらぬ1954(昭和29)年の3月1日午前7時前(日本時間で4時前)。太平洋のほぼ中央、マーシャル諸島のビキニ環礁で、アメリカによる水爆「ブラボー」の爆発実験が行われました。その威力は、広島原爆の1000倍ともいわれ、付近のサンゴは粉々に砕かれてキノコ雲とともに舞い上がり、「死の灰」となって広範囲に降り注ぎました。

 付近の海域でマグロ漁をしていた第五福竜丸は死の灰を浴び、程なくして乗組員にさまざまな体調不良が発症したため、直ちに帰航の途につきました。出航した焼津港に戻ったのは二週間後の3月14日。海上からSOSを出さなかったのは、信号をアメリカに傍受され、撃沈される危険性を考慮してのことといわれています。

日本国内で3000万人を超えた反核の署名


【画像】館内に展示された「死の灰」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画