漫画『東京都北区赤羽』だけじゃわからない北区の魅力 壇蜜さんに伝えたい、「真骨頂」は上中里と西ヶ原だ

2019年、女優・壇蜜さんとの結婚で世間をどよめかせた漫画家の清野とおるさん。彼の作品で一躍有名になった地といえば北区赤羽ですが、「北区にはさらに奥深い場所もあるのです」と、ルポライターの昼間たかしさんがディープ北区へいざないます。


清野サンが壇蜜と結婚できた理由をプチ考察

 漫画家の清野とおるさんとタレントの壇蜜さんの結婚には日本中が驚きました。

清野とおるさんの代表作『東京都北区赤羽』(2019年12月23日、ULM編集部撮影)

 漫画『東京都北区赤羽』でこれまで地味だった北区の知名度を一気にあげてくれた清野さん。なるほどディープな街歩きをしていると美人と結婚できるのだと、勇気づけられた男性も多いのではないでしょうか。

 でも、ここで注意を。清野さんの作品が魅力的なのは実体験に基づいた描写にあります。決して歴史とか逸話とか蘊蓄(うんちく)とかを語っているわけではありません。これはけっこう重要なことです。

 最近、ディープな街歩きに興味を持っている女性というもの多いものです。そうした催しなどに出掛けると必ず現れるのは「俺は詳しい」系の人。だいたい蘊蓄を得意げに語り始めて「Twitterやってますか~」とフォロバを強要してきて30秒くらいで嫌われます。

 本当に詳しい人は、得意げに蘊蓄を語ったりはしないものです。あくまで魅力的なのは地に足のついた体験。それをかみ砕いて読者に届ける作品を描いている清野さんが壇蜜さんに惚れられたのは必然といえるでしょう。

赤羽以外もあってこその北区。まずは上中里へGO!


【悲報】「住みたい街ランキング」で、北区は「穴場」とすでに気づかれている模様

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191221_kita_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画