知らぬ間にリニューアルしてた銭湯から、おいしそうな肉料理を出す居酒屋さんへ 豪徳寺【連載】新!東京湯巡り、徘徊酒(3)

昔ながらの銭湯でひとっ風呂浴びたら、歩いて馴染みの居酒屋さんへ――。銭湯巡りと飲み屋歩きをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的な銭湯と居酒屋のハシゴ歩きへお連れします。第3回は、世田谷区の豪徳寺駅からスタートです。


プルプル震えながら奥の露天に辿り着く

 小田急線は豪徳寺駅へ。このあたりの銭湯ってぇと、「鶴の湯」(世田谷区豪徳寺)さんですよ。私は何度か行ったことがあるんだけど、何かリニューアルしてるというのを噂を聞いて、それはちょいと覗いて見たいってんで行って見たわけです。

 駅の改札を出て左の細い商店街をしばらく歩いた右側の少し奥に入った所にあって、何だか昔と変わってないじゃんと思いつつ中に。ふーん、確かに下駄箱はキレイになってる。外観は同じだけど、確かにフロントになって、チャリンと470円を払い脱衣場へ。ほぉ~、ロッカーもキレイです。見上げると天井も高く、そこんとこは相変わらずゴリッパ。

 え? 何このロッカー。下1段は2倍の広さのロッカーですよ。これは有り難い。私、とにかく荷物が多いので助かりますよ。サクッとスッポンポンになって洗い場へ。

 いやぁまさにリニューアルされてて清楚感タップリ。でも広さは変わりません。カランは左右対称で16コで、さほど混み合っていないので好きな所に座ってシモを洗います。

 見れば正面に描かれた富士山の絵は、ナカジマさん(銭湯背景画師・中島盛夫さん)のサインが。へーえ、ここまで来て描いてんだと感心しちゃいます。んで、その下に右からジェット2本と、その隣が強烈なブクブクの湯で、何故か水風呂も。サウナも無いのに何で? まいいや。

 アラアラ露天もあるみたい。でも覗いて見ると、細長く奥にあるので、ドアを開いてから浴槽に辿り着くまで寒くて大変。入れ違いに出てくる太ったオッサンが動きが鈍くて、すれ違って入るまで時間がかかってプルプル震えてしまいましたよ。

 でもお湯につかればいい気持ち。というわけで体をよおくフキフキして脱衣場へ。昔のままの鉄の体重計に乗っかると、52.5kgね。まっいいか。さぁてこれから居酒屋へ。

居酒屋「酒食が肉です」の店構えのイラスト(画像:島本慶さん制作)

 なんて「鶴の湯」さんを後にして、小躍りしながら駅方向に戻ります。まぁこの為に昨夜から残る酒を抜いてるわけっすからねぇ。

たまには肉も食わなきゃねぇ


【地図】今回登場の「鶴の湯」と「酒食は肉です」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191220_yume_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191220_yume_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191220_yume_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画