立ち寄ったら絶対買いたい 首都圏SA・PA「五つ星みやげ」5選

日々多くの人でにぎわう首都高速道路のパーキングエリア、実はおいしいお土産の宝庫でもありました。いったいどのようなものがあるのでしょうか。日本サぱ協会会長の山形みらいさんが解説します。

PAのお土産はお菓子だけじゃない

 首都圏を縦横無尽に走る首都高速道路に、有人のパーキングエリア(以下、首都高PA)があるのはご存知でしょうか? しかも、そんな首都高PAに思わず手に取って買いたくなる魅力的なお土産が置いてあると知ったら、立ち寄らないわけにはいきません。

 高速道路のサービスエリア・パーキングエリアの魅力を発信する日本サぱ協会(名古屋市)が、その中でも特に一度は買いたい「首都高PAの『五つ星みやげ』5選」をご紹介します。

●勘助辛味噌(協会イチオシ度★★★★☆)

勘助辛味噌(画像:日本サぱ協会)



購入場所:大黒パーキングエリア(横浜市鶴見区、5号大黒線・湾岸線。7~21時)
分類:グロッサリー
価格:小540円(税込、150g)、大1080円(同、400g)
販売元:勘助味噌本舗

 サービスエリアやパーキングエリアのお土産の主役は、お菓子だと思う人もいるでしょう。しかし、グロッサリーや調味料系のお土産も「隠れた主役」といえるほど人気です。特にこの勘助辛味噌は、ほんのりと辛くご飯がとってもすすみます。辛いのにマイルドな味わいが人気でリピーターが急増中。ラーメンや肉料理の調味料としても優秀なため、オススメ。お料理が格段においしくなります。おひとりさまご飯の人にもうれしい小瓶150gも販売中です。

ナチュラルさがたまらない

●からつき落花生(協会イチオシ度★★★★★)

からつき落花生(画像:日本サぱ協会)

購入場所:市川パーキングエリア(千葉県市川市、湾岸線西行き。6時30分~21時)
分類:グロッサリー
価格:1512円(税込、300g)
販売元:小沢商店

 市川パーキングエリアは首都高西行き方面からアクセスしないと利用できない、高架下にあるため、首都高PAの中でも雨や風の影響を受けにくく「穴場」と呼ばれています。お土産の五つ星は、千葉県の名産品「からつき落花生」です。千葉県八街市は落花生の生産量全国一位を誇っています。市川PAでは落花生に関するお菓子がたくさん置いてありますが、やはりナチュラルなものがとてもおいしく、人気もあります。

 殻を剥く手間はあるものの、その手間も楽しむのが落花生の醍醐味。落花生本来の甘みや旨み、殻の香りが楽しめます。なお落花生を剥いたピーナツの薄皮には「レスベラトロール」というポリフェノールの一種が含まれています。もちろん、食べ過ぎには注意ですが、ピーナツは注目されています。

部屋のインテリアとしても活躍

●CLICK CAR MOUSE(協会イチオシ度★★★★☆)

CLICK CAR MOUSE(画像:日本サぱ協会)



購入場所:代々木パーキングエリア(渋谷区代々木神園町、4号新宿線上り。7~21時)
分類:雑貨
価格:6100円(税込、1個)~
販売元:フェイス

 代々木パーキングエリアは、首都高速を軽快に走る車を眺めながら食事ができます。ここのイチオシお土産はなんと「CLICK CAR MOUSE(車型マウス)」です。外車や国内の有名メーカーで人気の車のマウスは、持っているだけでテンションが上がります。ひとつひとつの車のディテールはもちろん、パーツや塗装など細部にまでこだわっているので、ミニカー以上の存在感を醸し出しています。マウスとしてだけでなく、お部屋のインテリアとしても楽しめます。ぜひお気に入りの車をチョイスしてください。

化学調味料無添加にこだわり

●キクスイドーのポテトチップ(協会イチオシ度★★★☆☆)

キクスイドーのポテトチップ(画像:日本サぱ協会)

購入場所:八潮パーキングエリア(埼玉県八潮市、6号三郷線上り。7~20時)
分類:スナック菓子
種類:しお、コンソメ、のり
価格:各150円(税込、60g)
販売元:菊水堂

 菊水堂は、埼玉県八潮市に本社を構えるお菓子メーカーです。ポテトチップスに使用するジャガイモは、国内産のじゃがいもを産地から買い付け、厳選したものだけを使っています。化学調味料無添加にこだわっているため、賞味期限はそれほど長くありません。しかし、大人も子どもも安心して食べられるため評判がよく、リピーターやファンがたくさんいます。どこか懐かしく素朴な味が、これまで長く愛されている秘訣です。

フードコートの売り上げNo.1

●いちやの味噌だれ(協会イチオシ★★★★★)

いちやの味噌だれ(画像:日本サぱ協会)

購入場所:川口パーキングエリア(埼玉県川口市、川口線上り。7~21時)
分類:グロッサリー
価格:648円(税込、200g)
販売元:いちや商事

「いちやの味噌だれ」を使ったメニューがフードコートで食べられます。その名も「すたみなもつ焼き丼」。このメニューはフードコートの売り上げNo.1を常にキープしている大人気メニューです。食べておいしかったら、お土産に買って帰るという作戦が立てられますね。「すたみなもつ焼き丼」は、ご飯ともつの間に「いちやの味噌だれ」が敷いてあり、ご飯がとてもすすみます。一度このメニューを食べてしまったら、足しげく通いたくなること間違いなしです。

※ ※ ※

「首都高PAの『五つ星みやげ』5選」は、いかがでしたでしょうか。お土産といえば箱菓子も魅力的ですが、首都高PAのグロッサリー系のお土産はレベルが高いです。ぜひ自分用や大切な人、家族用に首都高PAの味をお楽しみください。首都高速道路は土日祝日が比較的空いていますので、パーキングエリアも利用しやすいです。首都高PAを上手く活用してドライブをお楽しみください。

【写真】一度は行ってみたい! 全国のSA・PAの数々(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191022_sapa_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画