城東地域の副都心、進化する「錦糸町」の歴史をひも解く

墨田区の南部に位置する錦糸町は近年開発が進み、駅は東京・城東地域の一大ターミナルとして知られています。そんな錦糸町のこれまでを、まち探訪家の鳴海行人さんが解説します。


南側に大型商業施設、西側に歓楽街

 山手線の東側にあり、東京メトロ半蔵門線とJR総武線、下町を走るバス路線が集まるターミナルである錦糸町。東京の副都心のひとつでもあり、今後発展も見込まれる場所でもあります。

錦糸町駅南口の様子(画像:写真AC)

 まず、錦糸町駅周辺の様子を見てみましょう。錦糸町は南側に大型商業施設が多く、駅ビル「テルミナ」をはじめ、「丸井錦糸町店」「楽天地ビル」(パルコが入居しているビル)があります。そして駅前広場から西側は歓楽街になっており、夜になると多くの人でにぎわいます。

 駅の北側へ向かうと駅と直結してテルミナの分館があり、駅前のバス・タクシーターミナルを挟むように商業施設「アルカキット錦糸町」が、駅北東にある錦糸公園北側「オリナス」の大きなタワーが2つあり、低層階は郊外ショッピングモール風の造りをしたショッピングモール「オリナスモール」、高層階はそれぞれオフィス棟とマンション棟となっています。また、駅周辺には中層ビルやマンション、町工場や事業所が混在し、ところ狭しと立ち並んでいる点もこのエリアの特徴です。

工場が多く、娯楽の多いまちとなった

 こうした錦糸町駅周辺のまちの姿はどのようにできてきたのでしょうか。

1932(昭和7)年6月に発行された錦糸町駅周辺の地図。工場の地図記号が多く見られる(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 錦糸町は1894(明治27)年に総武鉄道の本所停車場として開設されたのをきっかけに大きくまちを発展させました。1915(大正4)年には本所から錦糸町に駅名を改名します。

 1934(昭和9)年に駅南東にあった工場の跡地を東宝が買い取り、1937年に「江東楽天地」という会社を設立した上で江東劇場と本所映画館を中心にした「江東楽天地」が開業しました。

 この計画に大きな役割を果たしたのが、阪急や宝塚歌劇団の創設に深く携わっている小林一三です。小林は錦糸町駅周辺は工場が多く、娯楽への欲求は高いと考えました。そして予想は大当たりし、江東楽天地は大いににぎわいます。

駅ビルは1972年、テルミナに改名


【画像】早ければ10~20年後に開通? 錦糸町駅から東陽町駅を結ぶ、鉄道新路線の延伸構想

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_06-150x150.jpg

New Article

新着記事