海外選手と触れ合える? 2020年オリパラ開催で盛り上がる「ホストタウン」事業とは

2020年の開催を控える東京オリンピック・パラリンピック競技大会。その裏でひそかに盛り上がっている事業があります。それは「ホストタウン」。いったいどのようなことをやっているのでしょうか。フリーライターの種藤潤さんが解説します。


次第に高まる、東京2020オリパラ熱

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京大会)の開催まで、1年を切りました。

東京都青梅市は2016年6月にドイツとの「ホストタウン」を登録。2017年10月には、ドイツの伝統的なお祭りである「オクトーバーフェスト」をモデルに、ドイツの食文化を広く紹介する「青梅オクトーバーフェスト」を開催。約1万3000人を集めた(画像:種藤潤)

 一部報道では、700万人以上が申し込みしたといわれる観戦チケットに見事当たった人は、リアルな観戦を心待ちにしているでしょう。そうでない人もテレビ画面を通して、何の競技を見るか楽しみにしていると思います。

 さらには、11月に開催されるもうひとつの世界的スポーツイベント「ラグビーワールドカップ」への盛り上がりもあり、東京を中心に日本国民の大会のムードは高まっていくことは間違いありません。

知っていれば、アスリートと交流できるかも?

 その一方で最近テレビやニュースなどでは、東京大会に訪れる海外の国と全国の自治体が交流する活動を伝えるようになりました。その事業名が「ホストタウン」ということは、一部の大会関係者や自治体関係者は知っていますが、一般人では聞いたことのない人も多いでしょう。

 しかしこの「ホストタウン」を知っていれば、あなたの住む地域でアスリートや関係者と直接交流できるかもしれません。そのため、「ホストタウン」は2020年を楽しむもうひとつの形とも言えます。

 この活動を取りまとめる内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局(以下、内閣官房オリパラ事務局)のオフィシャルサイトに記載された言葉などを要約すると、「ホストタウン」とは

「日本の自治体と東京大会に参加する国、地域の選手や住民が、スポーツ、文化、経済などを通じて交流し、地域の活性化等に生かしていく活動」

を意味しています。

全国400超の自治体ですでに実施


【アンケート調査】注目高まるeスポーツ、そもそもeスポーツはスポーツなの? 全国男女1200人に調査

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_04-150x150.jpg

New Article

新着記事