広がる認知度、われわれはLGBTとどのように接すればいいのか?

近年認知度を増しているLGBT(性的少数者)。その一方で、いまだステレオタイプな見方やイメージが独り歩きしている部分が散見されます。彼らに対して社会はどのように向き合えばいいのでしょうか。ライターで編集者の冨田格さんが解説します。


LGBTという名称が使われるようになったのは、2010年代から

 皆さんは毎年ゴールデンウィークに、代々木公園 イベント広場(渋谷区神南)を中心に開催される、「東京レインボープライド(TRP)」をご存知ですか?

「東京レインボープライド」開催の様子(画像:冨田格)

 日本国内のLGBT関連のイベントとしては最大規模で、2019年は4月28日(日)と29日(月)に開催。20万人が参加しました(主催者発表)。ステージイベントと渋谷~原宿にかけてのパレード、そして広場にはさまざまな企業や大使館、自治体による工夫を凝らしたブースが立ち並び、LGBT当事者だけではなく、年代も性別も多様な人が集まる、いわばLGBTのお祭りです。

 2012年から続いているTRPですが、2000年代には現在よりも遥かに規模は小さいものの、異なる団体が主催する「東京レズビアン&ゲイパレード(TLGP)」が真夏に開催されていました。なお、LGBTという名称を当事者が使うようになったのは、2010年代からでした。

 LGBTは「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称」であることをご存知の方は少なくないでしょう。この数年、メディアが積極的に取り上げているので「LGBT」という言葉の認知度は確実に高まっています。

企業のLGBT研修に覚える「違和感」


【写真で見る】虹色が街を行く! 「東京レインボープライド」開催の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/07/190719_lgbt_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190719_lgbt_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190719_lgbt_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190719_lgbt_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190719_lgbt_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190719_lgbt_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190719_lgbt_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly