希少な短角牛やサメバーガー、各地の「うまい」が大集合「東京ハーヴェスト2019」 9月21日から開催

2019年8月24日

イベント
ULM編集部

東京ハーヴェスト実行委員会は、全国各地のグルメが多彩に楽しめるイベント「東京ハーヴェスト」を駒沢オリンピック公園中央広場にて開催します。地域性豊かな食をさまざまに味わえる機会です。


全国各地からキッチンカーが集う、屋台やマルシェも

 東京ハーヴェスト実行委員会は、全国各地のグルメが集結する大収穫祭「東京ハーヴェスト」を2019年9月21日(土)と22日(日)に駒沢オリンピック公園中央広場で開催します。

 同イベントは農家、漁師、畜産家など、「食の作り手」の素晴らしさを国内外に発信し、感謝と尊敬の気持ちを形にして伝えることを目的としています。

サメバーガー(画像:東京ハーヴェスト実行委員会)

 イベントでは、今年も全国各地から新鮮な旬を味わえるキッチンカーがお目見え。東北応援のキッチンカーでは、わかめやこんぶの未利用部位を使った「海藻ワッフル」など、“海の嫌われもの”がおいしくムダなく食べられるメニューを提供します。

 また、世界で唯一五味を感じられる食材「ほや」のクッパや焼きそば、サメの水揚げ量日本一、気仙沼直送のサメ肉を堪能する「サメバーガー」「サメガパオ」などのグルメも登場。三陸の魚のプロが目の前で調理してくれる、銀鮭、スズキ、タラの海鮮BBQも見逃せません。

 海鮮グルメのお供に、ギネス級の糖度の桃や、国産メープルシロップを使ったカクテルなども楽しめます。

 屋台エリアでは、ここでしか食べられない限定メニューが揃います。なかでも注目すべきは短角牛。和牛「日本短角種」の国内流通量は、肉用牛全体のわずか1%しかない希少種です。岩手県の広大な放牧地で澄んだ空気と水、たくさんの牧草を餌に、手間ひまと愛情をかけて育てられています。その赤身肉は、みずみずしくあっさりとした味わい。これを、地元の炭火で焼いた牛串で提供します。

 蔵出しの酒を生産者から直接買えるのも東京ハーヴェストならでは。東京の酒蔵が醸した「東京の地酒」、日本各地のぶどうを仕込む東京深川のワイナリーからは「日本ワイン」、ツウ好みの鹿児島産の本格焼酎やフレッシュな味わいのクラフトジンなども気軽に楽しめます。

 マルシェも開催され、全国各地からフレッシュな野菜やフルーツ、平飼いのたまご、自家製パン、非加熱のはちみつなど農産加工品が多数集まります。

 収穫の秋にふさわしい限定グルメを、生産者と直接交流しながら楽しめる貴重な機会。ぜひ、お出かけください。

●東京ハーヴェスト イベント概要
・会場:駒沢オリンピック公園・中央広場
・住所:東京都世田谷区駒沢公園1-1
・期間:2019年9月21日(土)~9月22日(日)
・営業時間:21日 11:00~18:00、22日 10:00〜19:00
・アクセス:東急田園都市線「駒沢大学駅」から徒歩約12分


【写真】したたる肉汁! 肉用牛のわずか1%しかいない「短角牛」の焼肉

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190824_harvest_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190824_harvest_01-150x150.jpg

New Article

新着記事