タピオカ店って、どのくらい儲かるの? そんな疑問に経営コンサルタントがばっちりお答えします

ドリンクから専門ニュースサイト開設、原宿でのイベント開催(SNSで炎上)まで、止まることのないタピオカブーム。そんなブームに便乗して、タピオカ専門店を今からオープンするとしたら、いったいいくらくらい費用がかかり、またどのくらい儲かるのでしょうか。日沖コンサルティング事務所代表で、経営コンサルタントの日沖健さんがばっちり解説します。


そもそも、タピオカ店って儲かるの?

 東京都内を歩いていると、よく目に付くタピオカドリンクの専門店(以下、タピオカ店)。ブームになってから2年くらい経つ今も、次々と新しい店がオープンしています。

 しかしブームはいずれ終わるもの。そこで「今からタピオカ店を始めて成功するのか?」という素朴な疑問について、筆者(日沖健。日沖コンサルティング事務所代表)がお答えします。

猫も杓子もタピオカドリンクな現状を斬る!(画像:写真AC)

 まず、タピオカ店が儲かるのかどうか試算します。ある起業家が都内の駅前に5坪のタピオカ店を開店したとします。

 店舗を借りる敷金、内装、会社設立、パート募集など、初期費用として300万円かかったとします。売れる・売れないに関係なく、固定的にかかる費用は月額75万円です。その内訳は、

・店舗の賃借料:15万円
・調理設備、機器、レジなどのレンタル料:6万円
・アルバイト(常時4人)の人件費:40万円
・水光熱費:8万円
・消耗品など:6万円

です。

 タピオカドリンクを作る原価は、1杯当たり40円。内訳は、

・ミルク:25円
・タピオカ:7円
・容器:4円

タピオカドリンクは原価がずいぶん安いのです。

 これを1杯400円で売ります。ブランド力のある有名店は500~600円しますが、後発なので価格を安く設定します。

 1杯売るごとに、

400円 - 40円 = 360円

が、粗利益となります。

 気合を入れて、休日なしで毎日12時から20時まで8時間営業します。近隣の新しいタピオカ店を観察すると、12時から16時までの閑散時は8分で1杯、16時から20時までの繁忙時は3分で1杯売れると期待できそうです。つまり販売の見込みは1日110杯です。

 以上から、1か月の利益は

360円 × 110杯 × 30日 - 75万円 = 43.8万円

となります。

 あんなに小さな店で月40万円以上も儲かるわけです。平日昼間でも行列が途切れない人気店なら、もっと儲かります。なかなか良い商売ですね。

問題は、ブームが終わった後


【データで知る】タピオカの次は「チーズティー」? 人気店Instagramランキング調査を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190822_tapi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190822_tapi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190822_tapi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190822_tapi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画