あなたの街にもきっとあるはず……古くて美しい「看板建築」を徹底解説、そのルーツは約100年前にあった

「看板建築」とはどのような建築を指すのでしょうか。またそこから見えてくる東京の街並みの成り立ちとは? 歴史建築に詳しい、著述家の黒沢永紀さんが解説します。


看板建築とは?

「看板建築」――。ちょっと耳慣れない言葉だと思いますが、実は都内の、さらには国内の路面商店のほとんどが看板建築でできています。

昭和レトロなラーメンが美味しい栄屋ミルクホールが入店する銅板葺の看板建築(画像:黒沢永紀)

「えっ! ほんと!?」と思われたことでしょう。

 そう思われた方は、最寄りの商店街を通る時に、そこに建ち並ぶお店の形にちょっと注目してください。一般の家屋と違って、道に向いた面が、垂直に立つ四角い壁でできているお店がきっとあるはずです。これが看板建築。

 看板といっても、実際の広告看板が張ってあるわけではなく、看板のように大きくて平らな面に、銅板やタイルが張られた木造の商店建築を「看板建築」といいます。

 もしその壁が緑青色をした銅板葺きだったら、とてもラッキー。また、すでに看板建築をご存知の方も、看板建築が店構えの「革命」だったことはご存知でしょうか。その歴史は今から約100年前にさかのぼります。

 もともと国内の商店は、町家といわれるものがほとんどでした。1階の軒先が2階より突き出し、店の中へ入って商品の品定めをする造りで、今でも酒屋をはじめ、町家造りの商家は数多く残っています。

 しかし、1923(大正12)年の関東大震災によって、東京は壊滅的な被害を受けました。建屋の崩壊は、半壊も合わせて26万棟、焼失が45万棟。この数は、当時東京中心部にあった建物のゆうに半数を超えています。

 震災で廃墟と化した東京は、すぐさま区画整理が行われ、その際に、建屋(機器・設備を格納した建物)を道に張り出して造ってはいけないという決まりも生まれました。

 その結果、従来の1階が張り出した造りから、なるべく土地を有効利用できる、垂直に立ち上がった造りへと移行します。折しも西洋から鉄筋コンクリートのビルという新しい建物が伝わった時期とも重なり、垂直に立てた店構えの表面を高くして瓦屋根を隠し、さらに洋風に仕上げることで、少しでも欧米の雰囲気に近づけようと苦心した結果が看板建築となりました。

 ウインドウ・ショッピングの誕生もこの看板建築の造りから。こうして、従来の商家とは全く異なる店が建ち並ぶ商店街が誕生したわけです。ちなみに、看板建築という表現は後年のもので、建設当時は「街路建築」と呼ばれていました。

都内には2種類の看板建築がある


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_kanban_02-150x150.jpg

New Article

新着記事