スカイツリーに1番近い銭湯 元料理人の店主が仕掛ける、年2回の「パクチー湯」 薬師湯

温泉ソムリエマスターの高橋里実さんによる、東京銭湯探訪。今回は、墨田区向島で半世紀以上にわたって、人々の心と体を温めてきた「薬師湯」を紹介します。目の前にスカイツリーが登場したことにより、新しいドラマが生まれているようです。


スカイツリーから歩いて徒歩2分、開業から66年

 スカイツリーから歩いて徒歩2分。下町の雰囲気が残る曳舟川通りに昔ながらの銭湯「薬師湯」(墨田区向島)があります。

 1953(昭和28)年開業の薬師湯。1988(昭和63)年に一度改築をし、時代に合わせてマイナーチェンジを続けながら現代までたくさんの人々を癒し続けてきました。

スカイツリーから歩いて徒歩2分「薬師湯」の外観(2019年3月、高橋里実撮影)

 そんな銭湯の伝統を引き継いで守り続けているのが、3代目店主の長沼秀三さん。

「子どもの頃から銭湯を継ぐって決めていたんですよ。小学校の文集で将来の夢とか書くじゃないですか。そこに銭湯をやるって書いたら、親父から、銭湯はこれからなくなっていくと思うから、うれしいけどやめた方がいいぞって言われて」

 父親の予想通り、長沼さんが大人になるにつれて銭湯の数は減少の一途をたどり、長沼さんも一旦は料理人の道へ。自分の飲食店を持ちたいという新たな夢もでき、突き進んでいたある日、父親から「継いでほしい」と打診があったそう。

「親父もまさかこんなに続くとは思っていなかったんでしょうね。新しい夢もあったので一度は断ったんですけど、元々興味もあったので」

 長沼さんは2002(平成14)年11月に薬師湯を継ぐことになりました。

 当時周辺には60軒ほどの銭湯があったそうですが、銭湯が減っていくペースは変わらず、街並みも少しずつ静かになっていったといいます。

「隣の銭湯がなくなってよかったわね、とかよく言われたんですけど、そんなことないですよ。横のつながりもありましたから、やっぱり寂しいです。それに、銭湯に行く文化がなくなってしまうのでは、っていう不安もありました」

 長沼さんも薬師湯を継続させるために、SNSを始めたり、イベントを考えたり、それまで3種類程度だった日替わり湯を100種類以上に増やしたりと尽力。事情がありお店自体の改装はできないため、あるものでいかによくするか、知恵を絞りながら続けてきました。

「料理人ってまかないを作るんですけど、それと似てますね。あるものでいかに美味しくするか、みたいな。あの頃の経験が生きてるのかなって思います」

 2011(平成23)年3月に東日本大震災が発生。帰宅難民も大きく報じられましたが、当日の薬師湯はいつも通り営業したそうです。深夜までかなりの来店があり「ここに銭湯があってよかった」「来てよかったよ」とほっとして帰っていく利用客の姿が印象的だったと長沼さんは語ります。

 その後、計画停電などもありましたが、通常営業を続け、自粛ムードの漂う地域に銭湯として癒しの時間を与え続けました。

スカイツリーがもたらした影響とは?


【写真】ユニークな薬師湯の日替わり湯(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_yakushiyu-_02-150x150.jpg

New Article

新着記事