関東大震災の復興を支えた多摩川「砂利鉄道」と今も残る「砂利穴」とは

かつての多摩川流域で巨大産業だった砂利採取。この砂利の運搬に使われたのが鉄道路線でした。その歴史について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_05.jpg
明治初期の宿河原砂利採取線付近(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_06.jpg
1930年頃の宿河原砂利採取線付近(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_07.jpg
1950年頃の宿河原砂利採取線付近(画像:国土地理院
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_08.jpg
1970年頃の宿河原砂利採取線付近(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_09.jpg
現在の宿河原砂利採取線付近(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_01.jpg
1947年頃の南武鉄道・宿河原砂利採取線跡(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_02.jpg
川の砂利(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_03.jpg
コンクリートに混ぜる砂利(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_04.jpg
1947年頃の現・等々力緑地の航空写真(画像:国土地理院)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×