関東大震災の復興を支えた多摩川「砂利鉄道」と今も残る「砂利穴」とは

かつての多摩川流域で巨大産業だった砂利採取。この砂利の運搬に使われたのが鉄道路線でした。その歴史について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


巨大産業だった多摩川の砂利採取

 かつての多摩川流域では、砂利採取が巨大産業となっていました。多摩川の砂利は江戸時代から道路や庭園などの敷砂利に使われていましたが、明治時代になると道路や鉄道に敷くためのバラスト用の需要も出てきました。

 砂利採取の作業は周辺の農家にとって貴重な収入源でしたが、明治の頃にはまだ人力に頼る大変な作業でした。そのぶん実入りはよく、江戸時代から採掘人夫は昼飯にも白い米を食べることができるほどでした。

 砂利採取は、まず砂利を鋤簾(じょれん、土砂やごみなどをかき寄せる道具)を使ってかき寄せることから始まるのですが、河原に堆積した砂利は硬く積み重なっていて、容易には掘れません。かき集めるのも一苦労です。

 こうして集めた砂利をふるいにかけて細かな土砂を落としてから、大きさも調整して運搬されます。かなりの重労働で、1日ひとりあたり4~5平方メートルくらいを掘るのがやっとでした。

関東大震災後に需要が伸びた砂利

 砂利採取が機械化され、多摩川の砂利の需要が飛躍的に伸びるのは、関東大震災(1923年)後のことです。震災復興で、東京には当時最新の技術だった鉄筋コンクリートの建物が増えます。

1947年頃の南武鉄道・宿河原砂利採取線跡(画像:国土地理院)

 コンクリートの歴史は古く、古代ローマ時代からと言われています。しかし、コンクリート単体では圧縮力に強い反面、引張力には弱いという弱点がありました。そこで19世紀のフランスで誕生したのが、コンクリートの芯に鉄筋を用いて強度を高める方法でした。

 この技術はもともと植木鉢の強度を高めるために編み出されましたが、その後、建築物でも使われるようになり、20世紀には新しい技術として実用化されました。

数々の鉄道会社が砂利運搬に参入


【地図】明治初期の宿河原砂利採取線付近

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jari_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画