個性派マスターのコーヒーと音楽 「カファブンナ」|老舗レトロ喫茶の名物探訪(5)

2018年11月13日

お出かけ
ULM編集部

商業施設が軒を連ねる六本木の喧騒とは対照的に、落ち着きと温もりあふれる空間が広がる純喫茶「かうひいや カファブンナ」。その名物は、コーヒーと音楽、そしてマスターの能勢さんそのものといえるようです。

/wp-content/uploads/2018/11/181002_kafabunna_01-1.jpg
カファブンナの昭和レトロな店内(2018年10月2日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181002_kafabunna_02-1.jpg
この道46年のベテランマスター、能勢さん(2018年10月2日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181002_kafabunna_03-1.jpg
マスターこだわりの深煎りブレンドコーヒー 650円。中煎りや浅煎りもある(2018年10月2日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181002_kafabunna_04-1.jpg
慎重に自家製ムースを仕上げる(2018年10月2日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181002_kafabunna_05-1.jpg
写真のケーキはショコラムース 550円。飲み物とセットで注文すると100円引き(2018年10月2日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181002_kafabunna_06-1.jpg
能勢さん手書きの映画音楽鑑賞会のプログラム。毎週水曜に定期開催している(2018年10月2日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181002_kafabunna_07-1.jpg
老舗感漂う店の外観。店名は、コーヒーの語源になったといわれるエチオピアの地名「カファ」(諸説あり)と、同国の言語で「豆」を意味する「ブンナ」をつなげたもの(2018年10月2日、宮崎佳代子撮影)。

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×