USCPA(米国公認会計士)の資格は独学で取得可能?

  • 会計士
  • 全国
USCPA(米国公認会計士)の資格は独学で取得可能?

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

USCPA資格試験は、問題や回答もすべて英語で行う難易度が高い試験です。独学でも合格できないわけではありませんが、予備校を利用するほうが効率的に勉強ができます。本記事では、独学より予備校がおすすめな理由や、USCPAの転職先などについてまとめました。

 転職市場でのニーズが高まりつつあるUSCPA(米国公認会計士)。国際的に活躍できるビジネス資格なので、興味を持っている人もいるでしょう。

 ただ、アメリカの資格試験なので、試験は全文英語なのはもちろん、出題範囲が広いので難易度は高い資格です。

 それでも独学で資格取得を目指したいという方もいるでしょう。独学なら費用を抑えて、自分のペースで勉強ができるため、仕事と両立しながら目指す社会人にはメリットがあるように感じます。

 そこで、本記事ではUSCPAの試験は独学で合格できるか詳しく解説します。USCPAを取得してグローバルに活躍したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

USCPA(米国公認会計士)とは?

 USCPAとは、米国で認定されている公認会計士資格のことです。正式な名称は「United States Certified Public Accountant」といいます。100年以上の歴史がある資格で、米国だけでなく、日本を始め多くの国で受験ができる点が特徴です。

 日本の公認会計士は日本国内のみでしか通用しませんが、USCPAは国際的に認知されているビジネス資格になります。USCPAを取得することで、グローバル企業や外資系企業での様々な活躍が期待できます。

 USCPAの主な業務内容は、英文財務諸表を必要とする業務やアメリカの法律に基づいた税務申告、経営や会計に関するコンサルティングなどです。米国の会計基準は国際会計基準のもとになっており、CPAのニーズは近年、非常にニーズの高いものとなっています。

 英文財務諸表を扱う仕事なので、高い英語力も必要になります。また、会計のルールは頻繁に変わるため、最新の知識と情報を常にアップデートすることも大切です。USCPAは資格試験の難易度も高いですが、合格してから努力を継続する必要がある資格といえるでしょう。

USCPA(米国公認会計士)の試験概要・難易度

 USCPAの試験概要と難易度について解説します。日本の資格ではないため、受験するための要件や手続きなどが各州によって異なる場合があります。とくに独学を検討している方は、サポートなしで試験を受けることになるので、ここでしっかりチェックしてみてください。

USCPA試験の受験資格

 USCPA試験は、誰でも受けられる試験ではありません。学位と単位の要件を満たした人だけが受験できる資格です。ただ、出願先の州によって受験資格の条件は少しずつ異なります。要件を満たせていないと、せっかく勉強しても受験できないため、注意して準備をしましょう。

学位要件

 州によって多少異なりますが、USCPAを受験するには、4年制大学の「学士号を取得」を要件にしているところがほとんどです。ただ、なかにはグアムのように3年制大学や短大卒でもOKになっている州もあります。また、モンタナ州など高校を卒業で受験資格を得られる州もあるため、自分の条件にあう州に出願書類を出すことが必要です。

単位要件

 USCPA試験を受験するには、学位要件だけでなく、単位要件も満たす必要があります。取得単位数は州によって異なり、大きく二つに分かれます。

Aタイプの州「ビジネス単位」「会計単位」をそれぞれ定められた単位数以上取得していること
Bタイプの州「ビジネス単位」「会計単位」をそれぞれ定められた単位数以上取得していること
「総取得単位」を定められた単位数以上取得していること

 日本の大学の場合、専攻によっても違いますが、会計単位が不足する傾向があります。その場合は、日本国内にある専門学校に通って必要な単位を取得することで対応することも可能です。

USCPAの試験内容

 USCPA試験は下記の4科目から出題されます。

  • FAR(財務会計)
  • BEC(経営概念・企業経営環境)
  • REG(諸法規)
  • AUD(監査および諸手続き)

 米国の試験なので当然内容はすべて英語です。しかし、まとめて4科目を受けるわけではなく、1科目ずつ受験して合格を目指す科目合格制度を採用しています。そのため、1科目ずつ集中して勉強して、最終的に4科目全部合格すれば、USCPA資格を取得することができます。

 試験時間は各科目4時間で、合格点は75点以上です。ただ、最初の科目合格から18カ月以内に残りの3科目に合格する必要があります。18カ月以内に合格できなかった場合、科目合格が失効してしまうため、また最初から受験し直すことになる点に注意が必要です。

USCPAの難易度

 USCPAは試験問題が全て英語ということもあり、難易度は高めです。日本の国家資格である司法試験や公認会計士試験ほどではありませんが、出題範囲が広く量も多いため、しっかりとしたスケジュール管理のもと勉強を進める必要があります。

 一般的にUSCPAに合格するまでに1,000時間程度は勉強時間に必要といわれています。勉強に専念できる環境かどうかでも異なりますが、1日2~3時間ずつ勉強した場合、1年~1年半ほどは勉強期間が必要になると考えておくとよいでしょう。

 もし、受験資格に必要な単位要件を満たせていない場合は、新たに単位を取得するためにUSCPA専門学校に通う必要があるため、その分期間がかかることになります。

USCPA(米国公認会計士)は独学で取得できるか

 「なるべくお金をかけたくない」「仕事で時間が自由にならない」という人は、コツコツと独学で勉強して合格を目指せないか考えていることでしょう。そこで、ここではUSCPAを独学で取得できるか解説します。

独学でも取得は不可能ではないが非常に困難

 結論からいって、USCPAは独学で合格を目指せなくはないものの、かなり難易度は高いといえます。理由としては、試験が全て英語で行われること、出題範囲が広いことです。他にも細々とした手続きなどがあるので、日本の試験を受ける時とは異なることが多いことを知っておきましょう。ここでは、USCPAに独学でチャレンジするのは非常に困難である理由をもっと詳しく解説します。

日本語の優良な教材テキストがない

 USCPAはアメリカの資格試験なので、当然試験はすべて英語です。そのため、テキストや問題集も英語版がほとんどで、日本語テキストは入手しづらい傾向があります。

 その点、専門学校は独自の日本語テキストを作成しているところも多く、自分で探す手間を省けます。ネット通販で専門学校のテキストを入手できないことはありませんが、最新版ではないケースもあるので、しっかりチェックして購入する必要があるでしょう。

受験資格を満たせないケースもある

 USCPAを受験するには、単位要件をみたす必要があります。単位要件は出願先の州によって少しずつ違いますが、日本の大学を卒業していても、取得単位が満たせていないこともあります。

 その場合は独学で勉強をがんばっても、USCPAの試験自体を受けることができないため、専門学校に行って単位取得することが優先になるでしょう。専門学校なら提携している大学の単位が取得できるケースもあるので、スムーズにUSCPA試験を受けることができます

受験手続きが非常に複雑

 USCPA試験の出願手続きはすべて英語です。しかも、州によって手続きが異なる場合があるためかなり複雑になります。独学の場合は全て自分でしなければならならいので、手間も時間もかかることになるでしょう。

 その点、専門学校に通っていれば、手続きを代行してもらえたり、丁寧にサポートをしてもらえたりするので独学よりかなりラクになります。面倒なことは極力避けて、勉強に集中したいのなら、独学より専門学校に通うほうがよいでしょう。

合格後のライセンス手続きも必要

 USCPA試験に合格しても、すぐにUSCPAと名乗れるわけではありません。合格後は営業許可となるライセンスを取得するために手続きを行います。ライセンスの取得条件は州によって異なりますが、ほとんどの場合実務経験が必要です。

 そのため、合格後もUSCPA試験の出願書を提出したときのように、複雑な手続きを行うことになります。独学でUSCPAの合格を目指すのなら、こういう煩わしい手続きをすべて自分だけでやることになることを覚悟しておきましょう

高い英語力が要求される

 USCPA試験は全て英語で行われるので、独学で合格を目指すのなら、TOEIC900点程度の語学力がないと難しいでしょう。試験自体は選択式問題がほとんどで、必要とされる語学力はリーディング能力です。記述式の問題はわずかなので、大学卒業程度の英語力があれば試験に関して言えば、大丈夫に感じるでしょう。

 ただ、試験自体は高い英語力が要求されるわけではありませんが、独学なら英語のテキストで学習し、試験の手続きや合格後のライセンス手続きまで英語で行うことになります。英語力が不足していると、すべてに時間がかかってしまうため、独学で合格を目指すのなら、TOEIC900点くらいの語学力は必要になると知っておきましょう。

まとめ

 USCPA試験は、独学でも不可能ではありませんが、かなり厳しいのは確かです。専門学校に通うよりも費用は抑えられますが、その分、テキスト探しや手続き、学習時間には膨大な時間が必要になるでしょう。

 とくに分からないことがあっても専門学校とは違い人に相談できないので、調べる時間をかなり取られることを覚悟しておくべきです。そのため、効率的に短い期間で合格を目指すのなら、独学ではなく専門学校に通うことを検討しましょう

USCPAは独学ではなく予備校を利用するのがおすすめ

 USCPAを目指すのなら独学ではなく、予備校を利用するのがおすすめです。ここでは予備校を利用することでどんなメリットがあるのか詳しく説明します。効率的に短期間でUSCPA試験合格を目指したいのなら、ぜひ参考にしてみてください。

予備校の利用をおすすめする理由

 USCPAを目指すのなら予備校の利用がおすすめです。ここでは、予備校を利用するほうが効率的な理由について解説します。独学か、専門学校か悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

受験資格を満たすのが容易

 USCPAの試験を受けるには単位要件をみたす必要があります。すでに単位を取得済みの方はよいですが、大学でビジネス関係や会計の科目を専攻していなかった人は、必要な単位が足りていないケースもあります。

 そういった場合、予備校なら単位を取得できるプログラムを活用することで問題を解決できるでしょう。料金はその分かかりますが、短期間でUSCPAの合格を目指すのならもっとも効率的です。

 予備校によって単位認定試験の方法が異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。予備校によってはネットで単位認定試験を受けられる場合がありますが、決まった会場まで足を運んで受ける場合もあります。

 地方にお住まいだと試験会場が決まっていると、その分費用も必要になるので、単位認定試験を受ける前提で予備校を探している方は、最初に確認することが大切です。

日本語での解説も含めた教材テキストがわかりやすい

 USCPA試験のテキストや問題集はほとんどが英語版で、日本語のテキストは入手しづらい傾向にあります。しかし、予備校ならオリジナルの日英併記テキストを作成しているため、教材探しに苦労することはありません。

 初めてUSCPAにチャレンジする人でも分かりやすいように、図解などを使って丁寧に解説されている点も大きなポイントです。試験勉強の土台となるテキストのクオリティは、その後の学習効率に大きく関わってくるので、しっかり確認して検討しましょう。

プロ講師による講義で効率よく学習できる

 専門学校ならベテラン講師による講義が受けられるので、効率的に学習が進められます。独学だと全部自分で調べて学ぶ必要がありますが、専門学校ならしっかりとしたカリキュラムのもと、初心者でも分かるように工夫された講義で安心して学習が進められる点が魅力です。

 また、質問や相談がしやすいことも専門学校を選ぶメリットといえるでしょう。サポート内容は各専門学校によって異なりますが、分からないことをすぐに解消できるので、集中して勉強できます。

法律の変更に連動してテキストや講義内容がバージョンアップされる

 法律が変更されると、USCPA試験の学習内容も変わっていきます。試験に合格するには常に最新の情報を学び続ける必要があるため、テキストや講義内容もバージョンアップされたものが必要です。

 独学だと法律の変更に伴いバージョンアップされたテキストですら入手しづらいですが、専門学校なら常に最新のテキストと講義が受けられます

最新の出題傾向に応じた模擬試験を受けられる

 模擬試験を受けられる点も専門学校を選ぶポイントのひとつです。法律が変わっても変更点のポイントがわかりにくい場合があります。その点、専門学校に通っていると最新の出題傾向が分かる模擬試験があるので、独学よりも優位に学習を進められます。

非常に複雑な受験手続きのサポートがある

 USCPA試験の受験手続きは非常に複雑です。すべて英語で行われることもありますが、出願先の州によって少しずつルールが異なるため、初心者が簡単にできる手続きとはいえません。

 そのため、専門学校では出願先の選択や単位要件、出願書類など手続きのサポートも行っています。複雑な受験手続をサポートしてもらえれば、その分試験勉強に集中できる時間も増えるので、USCPA試験が初めての方にはとくにおすすめです。

ライセンス取得サポートを利用できる

 USCPA試験に合格しても、すぐにUSCPAと名乗れるわけではありません。USCPA試験合格者は、営業許可であるライセンスを取得して初めてUSCPAとして働けるようになります。

 ライセンスの取得方法は、各州によって異なり、もちろんすべて英語で行うためとても複雑です。専門学校に通って合格した場合は、ライセンス取得のサポートもしてもらえます。手続きの煩わしさがイヤなら、専門学校のサポートを利用するとよいでしょう。

まとめ

 予備校がおすすめの理由は主に七つあります。

  • 受験資格の要件を満たしやすい
  • 教材テキストがわかりやすい
  • プロ講師が教えてくれるので効率よく学習できる
  • 法律の変更に連動した最新の情報が入手できる
  • 出題傾向に応じた模擬試験が受けられる
  • 受験手続きのサポートがある
  • 試験合格後のサポートも受けられる

 予備校には独学では得られないメリットがたくさんあります。短期間でUSCPA合格を目指すのなら、ぜひ予備校を検討してみましょう。

USCPA(米国公認会計士)取得後のキャリア

 USCPAの資格を取得した場合、どんな転職先があるのかまとめました。先々どんなキャリアアップの可能性があるのかイメージしやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

大手監査法人や会計事務所

 大手監査法人や会計事務所の業務においてもUSCPAの知識を生かすことができます。外資系企業やグローバル企業を相手にした会計監査の仕事も増えているので、国際的な会計基準を持っているUSCPA有資格者は即戦力になる人材として積極的に採用されているのが現状です。

 とくにKPMGやPWCなどBIG4系の大手監査法人では、USCPA有資格者の採用を活発に行っています。「安定した仕事につきたい」という方は、USCPAを取得後、大手監査法人や会計事務所へ転職というキャリアも検討してみるとよいでしょう。

外資系企業やグローバル展開する日本企業

 USCPAを取得後は、外資系企業や、グローバル展開している日本企業へ転職する道もあります。とくに外資系企業はUSCPAに対する評価も高いため、転職する際はもちろん、入社後の昇進でも有資格者であることが有利に働くでしょう。日本の一般企業より年収が高い傾向があるので、英語力を生かしながら働きたい方におすすめです。

FAS/コンサルティングファーム

 FASやコンサルティングファームも、USCPA取得後の転職先として人気です。USCPA有資格者が持つ、語学力とファイナンススキルが高く評価される仕事なのでやりがいも感じられるでしょう。

 USCPA有資格者なら経験があまりなくても採用してもらえる可能性が高い業界でもあります。そのため、「いちからキャリアを積み上げていきたい」「キャリアの幅を広げたい」という方は、FASやコンサルティングファームへの転職を検討してみるとよいでしょう。

ファンド

 ファンドの分野でもUSCPA有資格者は優遇されます。国際的な会計基準を持っているUSCPA有資格者は、ファンドとして取り扱っている事業の再生において事業の撤退・推進、対外交渉など財務部門で活躍ができます。マーケティングリサーチ力のある金融関係経験者のほうが有利です。

USCPAのおすすめ予備校3選

 USCPA資格試験に短期間で合格したいのなら、予備校を利用するのがおすすめです。ここではUSCPA資格試験で実績のある予備校を三つ紹介します。これから予備校探しを始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

資格の大原

おすすめポイント:受験から合格後までフルサポート!

 USCPAの合格者を多く輩出している「資格の大原」。初めてUSCPAに挑戦する人でも一発合格が目指せると宣伝するほど実績のある大手資格スクールです。

 資格の大原の「USCPAフルパックコース」は、WEB講義と映像講義の2つの受講形態から選択して学習できます。単位要件を満たせていない方は、追加料なしでビジネス6単位・会計18単位を取得することが可能です。日本語と英語の両方の講義があるので、理解を深めながら学べます。出願から合格後のライセンス取得までをトータルサポートしてくれるので、安心して勉強のみに集中できる点も魅力です。

 おすすめポイント

  • 日本語と英語の両方の講義がある
  • 追加料なしでビジネス6単位・会計18単位が取得できる
  • 受験から合格後までフルサポートしてくれる

基本情報

料金・2022年(前期)入学 フルパックコース(映像通学): 521,400円
・2022年(後期)入学 フルパックコース (映像通学):521,400円
会社名学校法人 大原学園

Abitus

おすすめポイント:サポート期間5年|働きながら資格取得を目指せる!

 国際資格の専門学校で、USCPA試験でも多くの合格者を輩出しているAbitus(アビタス)。2020年日本USCPA合格者のおよそ3人に1人がAbitus(アビタス)の受講生という実績を持つ信頼できる専門学校です。

 AbitusのUSCPA資格講座では独自開発した日本語のテキストを採用した分かりやすい講義が評判です。問題集は幅広い出題範囲を網羅しているので、2024年の新試験制度の対策もできます。サポートは最大5年間受けられるので、仕事で忙しくてスケジュール通り通えない方も焦ることなく勉強を続けられるでしょう。手厚い転職サポートも付いているので、USCPAに合格してキャリアップしたい方にもおすすめです。

 おすすめポイント

  • オリジナルの日本語テキスト
  • 5年間サポートが受けられる
  • 転職サポートが手厚い

基本情報

料金・USCPAプログラム ライトパック eラーニング+通学が可能:616,300円~
・uscpaプログラム フルパック eラーニング+通学が可能 :要問合せ
会社名株式会社 アビタス

TAC

おすすめポイント:Beckerとのコラボレーション教材を採用!

 幅広い資格試験講座を開講しているTAC(タック)。全国に35校校舎がある資格の専門学校です。USCPA試験の基礎から合格レベルの知識まで無理なく学べる教材を採用しています。

 本場アメリカの成績優秀者が利用することで有名なBeckerとコラボレーションしたオリジナルテキストを採用しています。日本語と英語を併記しているので分かりやすく、参考書としてはもちろん、辞書としても使用できる優れものです。また、TACではネイティブ講師を含む、経験豊富な講師が多数在籍していることで知られています。各科目に専門講師がいるので、最新の試験傾向を都度アップデートできる点も魅力です。

 おすすめポイント

  • Beckerとのコラボレーション教材
  • 経験豊富な予備校トップクラスの講師陣
  • 万全のサポート体制

基本情報

料金総合本科生web通信講座:515,000円(初学者対象)
会社名株式会社 アビタスタック株式会社

まとめ

 USCPAに合格するには、独学でも不可能ではないですが、予備校を利用するほうが効率的に学習を進められます。予備校なら受験資格を満たしやすく、分かりやすい講義とテキストもあるので、いちから自分で調べる必要がありません。

 また、分からないことをすぐに質問できる環境なので、スムーズに勉強できる点も大きなポイントです。最新情報も予備校なら簡単に入手できるので、USCPAにチャレンジするのなら、独学より予備校を検討してみましょう。

 本記事でもおすすめ予備校を3校紹介しています。気になる予備校があったら、まずは資料請求をしてみましょう。

関連記事