ケロロ軍曹はなぜ「西東京市」に降り立ったのか? 宇宙人をも魅了する市内スポット総ざらい

人気作品『ケロロ軍曹』。舞台は「奥東京市」とされていますが、このまちは実在の西東京市がモデルになっているというのが定説です。なぜケロロはこの地に降り立ったのか? 市内名所とともに理由を探ります。


ケロロ軍曹と西東京市

『ケロロ軍曹』は、カエルのような宇宙人の種族ケロン人が地球を侵略するため、先行部隊として送り込まれたケロロ小隊5人と、その周囲の地球人の日常を描いた作品です。

『ケロロ軍曹』11(画像:吉崎観音、角川書店)

 作品の中では「奥東京市」という架空の名称の町が登場します。

 アニメでもほぼ毎回登場する「西澤タワー」は、実際の西東京市にあるスカイタワー西東京(同市芝久保町)とそっくりなことから、ファンの間では西東京市がケロロ小隊の潜伏地、そしてアニメの舞台のモデルとされています。

西東京市の魅力

 そんな西東京市ですが、ケロロ軍曹の舞台となっている一方で、一般的にはどんな場所なのかあまり知らない人も多いのではないでしょうか。

 同じ東京多摩地域の立川市や八王子市といった市と比べても、なじみの少ない市という印象。これにはひとつ理由が考えられます。

 それは、西東京市が2001(平成13)年に田無市と保谷市が合併したことによる、21世紀最初の新設合併市で誕生した比較的新しい市だからです。

 では、合併してできた西東京市には、どんな魅力があるのでしょうか。市内の名所と呼ばれる場所を五つ紹介します。

1. 多摩六都科学館


【アニメの舞台も!】西東京市の名所5選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_nishi_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画