意外と知らない? 東京ドーム「地下」にはいったい何があるのか

プロ野球やコンサートなど、さまざまなイベントにも利用される東京ドーム。そんな東京ドームの地下にはいったい何があるのでしょうか? 知られざる秘密に迫ります。


知っているようで知らない地下

“地上最強の男”を目指して、さまざまな強敵と戦う範馬刃牙(はんまバキ)が主役の格闘漫画『刃牙』シリーズ。己の肉体と技術だけで最強になろうとする男たちのバトルは読者の胸を打ち、熱く燃えあがらせてきました。2021年9月に連載30周年を迎え、もはや日本でもっとも有名な格闘漫画といっても差しつかえないでしょう。

 そんな『刃牙』の主な戦いの舞台は、東京ドーム(文京区後楽)の地下6階に隠された地下闘技場です。現実ではプロ野球やコンサートなど、さまざまなイベントにも利用される東京ドームですが、

「地下には何があるのか?」

と考えたことがある人は、さほど多くないのではないでしょうか。むしろ誰もが意識しない死角だからこそ、『刃牙』で秘密裏に開催される裏格闘大会の舞台になっているのかもしれません。

東京ドーム(画像:写真AC)

 そこで今回は、東京ドームの地下の様子をご紹介します。あの大きなドームの真下には何が潜んでいるのか。この機会に、普段は見えない世界をご覧ください。

東京ドームは地下2階

 東京ドームは、日本初の屋根つき多目的スタジアムとして日建設計(千代田区飯田橋)と竹中工務店(大阪市)が設計し、1988(昭和63)年に開業しました。「東京ドーム何個分」の例えでよく使われる面積は4万6755平方メートル。高さは地上56.190mとなっています。

 設計の特徴としてはドーム内に取りこんだ空気の圧力で屋根を支える、エアー・サポーテッド・ドーム構造が挙げられます。屋根で雨風を防げるので、野球やコンサートといった大型イベントを、天候に左右されず開催できるのが強みです。

『刃牙』シリーズの『バキ道』11巻(画像:板垣恵介、秋田書店)

 階数は地上6階、そして地下2階です。『刃牙』作中でも空手家・加藤が言及していますが、現実の東京ドームは地下2階までしかありません。

 その地下2階のスペースに東京ドームならではの秘密があるのです。

雨水を活用するエコ貯水槽


【1987年撮影】懐かしの「後楽園球場」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_dome_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画