「鬼滅」の炭治郎もやっている! 「呼吸」を制する者が健康を制する理由

 一大ブームとなっている「鬼滅の刃」では、主人公の竈門炭治郎らが身体能力や体力を向上させる「全集中の呼吸」を繰り出し、鬼と戦います。「呼吸」が持つ力とはいったい何なのでしょうか。(ULM編集部)
[以下の記事監修:健康ソムリエ協会(中央区日本橋 水天宮前)理事・健康運動実践指導者 岡田むつみ]


呼吸の重要性を知っていますか?

 普段の生活の中で当たり前にしている呼吸。無意識だからこそ、呼吸について考えたり、意識して呼吸をしたりする機会はほとんどないでしょう。仕事に家事にと忙しくしていると、ゆっくり呼吸をすることも少ないかもしれません。マスク生活が続くと、特に、気付かないうちに呼吸が浅くなりがちです。

最近、深呼吸したのはいつですか?(画像:AC)




 呼吸の役割は、ただ息をして、生命を維持するだけではありません。取り込んだ酸素は体中を巡り、脳や筋肉などのあらゆる臓器や器官を動かすために使われます。呼吸が十分でないと、体は酸欠状態に陥り、臓器や器官の働きが悪くなって、血流が滞ります。血の巡りが悪いと体温が下がり、免疫力が落ちる原因になったり、老廃物の排出が滞ります。

 正しい呼吸は、きれいと健康のためにとても大切なのです。

呼吸で自律神経をコントロール

 呼吸と関りが深いのが自律神経です。自律神経は心臓などの臓器や血液の流れ、汗の分泌といった、自分の意思で動かしたり、止めたりできない部分の働きを支配しています。しかし、その中で、働きをコントロールできる唯一の臓器があります。「肺」です。そして、自分の意思で息を大きくしたり、小さくしたり、また、止めたりできることから分かるように、肺に唯一アプローチできるのが呼吸なのです。

 自律神経には、脳と体を動かし、運動、興奮、緊張したときなどに働く「交感神経」と、脳と体を修復する働きを持ち、休息、睡眠、安心したときなどに働く「副交感神経」があります。交感神経は活動のための“アクセル”、副交感神経は回復のための“ブレーキ”のイメージです。

バリバリ動けるのは交感神経のおかげ、ゆっくり休めるのは副交感神経のおかげ

 この2種類の自律神経は呼吸の仕方によって、一方を意図的に活性化させることができます。胸で息をする「胸式呼吸」は交感神経を、おなかで息をする「腹式呼吸」は副交感神経をそれぞれ活性化させます。これを覚えておけば、自分の今の心身の状態に合わせて、アクセルとブレーキを使い分けられるのです。

・やる気を出したいとき
・スポーツの試合
・ストレスに耐えたいとき
→胸式呼吸⇒“アクセル”の交感神経が活発に!

・リラックスしたいとき
・疲労回復したいとき
・興奮を鎮めたいとき
→腹式呼吸⇒“ブレーキ”の副交感神経が活発に!

腹式呼吸の正しいやり方は?

 交感神経と副交感神経がうまくバランスをとることで、心身もバランスよく保たれます。しかし、ストレス社会である現代は、ストレスに対抗しなければという思いが強すぎて、交感神経が過剰に働きがち。バランスが崩れ、自律神経失調症の人も増えてきています。

 心身のバランスが乱れてきたと感じる人は、少しの時間だけでも腹式呼吸を意識してみましょう。深い呼吸を何度か繰り返すことで、副交感神経が活性化し、心身が癒やされます。

理想は胸式呼吸と腹式呼吸が「4:6」の割合

<深い呼吸(腹式呼吸)のやり方>
1)おなかに手を当てる
2)口から体内の息を全て吐ききる
3)おなかが膨らむように、8秒かけて鼻からめいっぱい空気を吸う(吸う息の量は一定になるよう調整)
4)おなかがへこむように、8秒かけて口から全ての息を吐ききる(吐く息の量は一定になるよう調整)
※3)と4)を10回繰り返す

 呼吸の正しい順番は「吐いてから吸う」です。呼吸の「呼」は「呼気」、つまり「吐く」という意味。だから、呼吸は吐く方が先なのです。

 また、息を吸うときは鼻から、というのもポイントです。

呼吸がしやすくなるストレッチ2選


この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/02/22138187_s-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/3-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/4修正-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/20220209_okadariji-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画