食肉利用はわずか9%! 近年人気の「ジビエ」の行方とは【連載】アタマで食べる東京フード(21)

近年人気の「ジビエ」ですが、食肉利用はわずか9%。今後の展望について食文化研究家の畑中三応子さんが解説します。


食肉利用はわずか9%

 人間界では少子高齢化で人口減少しているのとは逆に、自然界では野生動物が増え続けています。クマが人里に出没して人間を襲うとニュースになりますが、シカやイノシシが田畑を荒らすのはもう日常茶飯事。あまり報道されませんが、2020年度における野生動物が農産物に与えた被害金額は約161億円と莫大(ばくだい)な額です。

 せっかく育てた野菜や穀物が、野生動物に食べられてしまって農業者の意欲が減退するなど、数字に表れる以上に影響は深刻。温暖化でこれまでいなかった地域でも繁殖するようになり、生息域が広がるなどの複合的な要因でこの30年、シカの個体数は10倍以上、イノシシは3倍以上に増えました。シカの食害による森林破壊をはじめ、自然環境に与える影響も小さくありません。

 現在、被害を食い止めるため、シカとイノシシの捕獲が推進されています。農林水産省によると、20年度に捕獲されたシカは約67万頭、イノシシは約68万頭。シカとイノシシの肉は「ジビエ」として人気を博す高級食材ですが、実際に活用されたのはそのうちシカが約9万頭、イノシシは約3万頭。全体でいうと食肉利用されたのはわずか9%でしかなく、残りの91%は土に埋めたり焼却したりと、廃棄処分されているのが実態です。

 奪った命を捨てるのはあまりにもったいないし、動物福祉や食品ロスの観点から考えても大問題。そこでジビエ肉をもっと一般に普及させようと、さまざまな取り組みが進められています。

第6回ジビエ料理コンテストで農林水産大臣賞を受賞した「柔らかく仕上げたシカ肉のロースト 色とりどりの野菜添え 芋煮の季節を感じて」(画像:日本ジビエ振興協会)




 そのひとつが、「ジビエ料理コンテスト」です。農林水産省の鳥獣利活用推進支援事業の一環として日本ジビエ振興協会が主催しているイベントで、21年が第6回の開催。筆者は審査員として参加し、12月に実食審査を行って各賞が決まりました。

 コンテストのテーマは「国産のシカ・イノシシを使い、多くの人に安全でおいしく提供できる料理」。和洋中エスニックのジャンルは問いません。プロ、アマ、年齢にかかわらず、だれもが応募できる開かれたコンテストです。

江戸でも食べられていた野生動物


この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220128_jibie_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220128_jibie_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220128_jibie_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画