豪華船でディナー、ヘリで夜景満喫! バブル期の「クリスマス」は想像以上に勢いがあった!

80年代のクリスマスは現在とは比較にならないほど豪華でした。カップルたちはいったい何を楽しんでいたのでしょうか。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


華やかすぎるクリスマス

 本日はクリスマスイブ――都内にはいくつものクリスマスツリーが飾られ、街角を彩っています。恋人や家族などがいる・いないに限らず、その楽しみ方は年々多様化しています。

 クリスマスイブやクリスマスが、1年に1度の「自らをかけるイベント」になったのは1980年代に入ってから。とりわけバブル時代には、クリスマスイブの夜に高価なホテルを予約し、恋人とロマンチックに過ごすことが「至高」とされました。

 クリスマスイブがとりわけ盛り上がったのは、1988(昭和63)年です。この年は土曜日とイブが重なり、仕事を気にすることなく楽しめたからです。

 そんなこともあり、人気ホテルの部屋を巡る争奪戦は何か月も前から始まっていました。都内の多くホテルでは予約は1~2か月前でいっぱいになりましたが、人気のホテルでは秋を待つことなくいっぱいになっていたのです。

クリスマスのカップルのイメージ(画像:写真AC)

 ウオーターフロントの夜景が楽しめることで人気だった東京ベイヒルトン(現・ヒルトン東京ベイ)は9月に予約満了、それに輪をかけて人気だったのが東京ディズニーリゾート内にあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル&タワーズ(現・シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。ともに千葉県浦安市)でした。

 ホテルのオープンは1988年4月でしたが、オープン前の3月頃から予約が入り始め、お盆過ぎには予約満了に。当時の部屋数は780室。単純計算で1560人の男女がディズニーランドを楽しんだ後、夜景を見ながらロマンチックな夜を過ごしたというわけです。

レストラン船、ヘリコプターという演出


【クリスマスの過ごし方ランキング】実は2割がクリぼっち! 男女1470人アンケート調査を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211223_dinner_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画