専門店もレストランも顔負け! オリジナル「絶品ケーキ」が食べられる東京の喫茶店5選

ケーキを食べたいとき、どんなお店へ足を運びますか? 名の通った大手チェーンのケーキショップや、予約の絶えない老舗パティスリー。……それだけではありません。コーヒーや紅茶がメインと思われがちな「喫茶店」にも、専門店顔負けの一皿を出してくれるお店があるのです。

専門店にも勝るケーキが食べられる?

 数あるスイーツの中でも、老若男女の心をときめかせてやまない逸品と言えばやっぱり「ケーキ」。子どもの頃は誕生日やクリスマスくらいしか食べるチャンスがなく、その特別感をいっそう高めていました。

 今ではコンビニやレストラン、コーヒーショップなどでも定番メニューになっているため、幼少期ほどのレア感は薄れたかもしれません。しかし本当においしい一皿に出合えたときには、やはり胸が高鳴るものです。

ケーキ専門店ではなく、あえて喫茶店でケーキを食べる良さとは?(画像:写真AC)



 東京都内には、名の通った大手チェーンから予約の絶えない老舗パティスリーまで、数多くのケーキ専門店が存在します。しかし、そんな専門店の味にも引けを取らない、絶品ケーキを提供してくれる「喫茶店」があるのです。

 今回は、東京でも有数の絶品ケーキが食べられる喫茶店を5軒ご紹介します。

 喫茶店ではケーキと一緒にこだわりのコーヒーや紅茶を楽しめるのもうれしいポイント。甘みと苦みが互いを引き立て合う、幸せのハーモニーをぜひ堪能してみてください。

1. 荻窪「カフェストラーダ」

 まずはじめに紹介するのは、JR荻窪駅から徒歩4分の喫茶店「カフェストラーダ」(杉並区荻窪)。

 路地の奥まった場所にある店内は、落ち着いた雰囲気です。ケーキのほかにも食事メニューが充実していて、ハンバーグやスープカレーは専門レストランかと思うほどのクオリティー。

 コーヒーのメニューも数多く用意されていて、なかでもエスプレッソは苦味の中にコクがありおすすめ。苦いだけではないまろやかな味わいは、ケーキとの相性も抜群です。

 お目当てのケーキは数種類が用意されていて、時期によって種類が変わるのもリピートしたくなる理由のひとつです。

かぼちゃのケーキ(画像:清水華那)



 りんごのタルトは、シナモンのほんのりスパイシーな香りが食欲をそそります。中はほろ苦くキャラメリゼされたりんごがぎっしり。添えられたプルーンの紅茶煮はさっぱりとしていて、口直しにぴったりです。

 かぼちゃのケーキは、かぼちゃのどっしりとした甘みが口の中でとろけます。生クリームと一緒に口に運ぶと、また違った味わいに。本格コーヒーとこだわりのケーキ、ぜひ一度試してみてください。

2. 本郷「タイズ」

 続いて紹介するのは、東京メトロ大江戸線・本郷三丁目駅から徒歩5分の場所に位置する「タイズ」(文京区湯島)。

 カウンター席が中心の店内は、バーのようなおしゃれな空間に演出されています。フォトジェニックなケーキメニューはどれも人気で、開店後は早々に売り切れてしまうほど。

 なかでもフルーツタルトは見た目からして芸術的です。6月から8月頃までの期間限定であるブルーベリーチーズタルトは、国産のブルーベリーが塔のようにたっぷりのっています。

 さっくりとしたタルト生地は甘さ控えめで、さっぱりしたブルーベリーと相性バツグン。いちごのショートケーキは、スポンジがしっとりふわふわ。ぽってりしたクリームがかわいらしい一品です。

 ケーキも人気ですが、もちろんネルドリップのコーヒーもおすすめ。喫茶店好きたちから高い評価を受けています。ガツンとした苦味が、甘いケーキにぴったりです。

 香り高いコーヒーと美しいケーキを味わいたい人は、ぜひタイズへ行ってみてはいかがでしょうか。

3. 西国分寺「クルミドコーヒー」

 お次は、JR西国分寺駅から徒歩3分に位置する「クルミドコーヒー」(国分寺市泉町)。

 クルミドコーヒーはクルミをモチーフにしていて、子どもも一緒に楽しめる仕掛けのある喫茶店です。たとえばテーブルの前には生のクルミとクルミ割り機が用意されていて、お客であれば無料で割って味わうことができます。

 クルミドコーヒーのケーキは、季節によって変わるフルーツが魅力的。しかも、できるだけ地元・国分寺でとれたフルーツを使っている、というこだわりぶりです。

 12月後半から2月頃までの期間限定ケーキクリーム「冬のいちご」は、ナッツがぎっしり詰まったマフィンケーキの上に、たっぷりホワイトチョコのクリームが。

ケーキクリーム「冬のいちご」(画像:清水華那)



 クリームの中には大きなイチゴが入っていて、みずみずしいイチゴの酸味とクリームの相性はバツグンです。

 表面はサクサク、中はふんわりとしたマフィンケーキも絶品。香ばしいナッツが味わい深い、ここでしか味わえないケーキです。ケーキだけでなく、オリジナルブレンドの紅茶も、クルミの香ばしい香りがただよいます。

 クルミずくしの工夫たっぷりな喫茶店の、ケーキを味わいたい人はぜひ訪れてみてください。

4. 蔵前「喫茶 半月」

 続いては、都営大江戸線・蔵前駅から徒歩6分の「喫茶 半月」(台東区蔵前)。

 このお店は、有名な焼き菓子店の「菓子屋 シノノメ」に併設された喫茶店。蔵前のスイーツ好きなら知らない人はいない、と言われているほどの人気ぶりです。

 20席もある長いカウンター席は、広々としていて開放的。アンティークで落ち着きのある店内なので、時間を忘れてゆっくりくつろげるはず。

 人気のメニューは、季節ごとのフルーツを使った「季節のシュークリーム」。

 シューにクリームがたっぷり絞られ、タワーのような美しさです。サクサクのシュー生地とさっぱりしたクリームがマッチしていて、ジューシーなフルーツが引き立ちます。

 清見オレンジのレアチーズケーキは、フルーツの酸味で最後まで飽きない味わい。タルト生地は塩味がきいていて、チーズと絶妙によく合います。焼き菓子店の本格ケーキを味わいたい人は、ぜひ喫茶半月を訪ねてみてはいかがでしょうか。

5. 吉祥寺「四歩」

 最後に紹介するのは、JR吉祥寺駅から徒歩約10分の「四歩(しっぽ)」(武蔵野市吉祥寺北町)。

 木のぬくもりを感じる店内は明るく、たくさんの人で賑わいます。フカフカのソファ席も充実していて、開放的な空間でケーキやドリンクを楽しむことができます。

 特におすすめは、香り高い抹茶を存分に味わえる「抹茶のガトー」。ややほろ苦い抹茶のまったりとした味わいがたまりません。抹茶のほかにホワイトチョコを合わせているので、まるで生チョコレートのようなしっとり感。

抹茶のガトーケーキ(画像:清水華那)



 ほかにも、人気メニューはレアチーズケーキ。真っ白な美しいフォルムはまさに芸術的、さっぱりとした味わいとコクが評判です。

 ケーキを数種類味わいたい人は、ぜひデザートプレートを注文して。プレートのケーキは全て通常サイズのため、たっぷり食べたいときにもぴったりです。

 開放的な空間で絶品ケーキを味わいたいに、ぜひ四歩へ足を運んでみてください。

喫茶店ならではのケーキの魅力

 今回は、筆者が訪れたことのある東京のお店の中から、絶品ケーキが食べられる喫茶店を厳選して紹介しました。

 喫茶店メニューは、その店が独自で開発したケーキがほとんど。そこで味わえないオリジナリティーあふれるケーキに出合えたら、きっと得した気分になれるはず。

 そして、厳選されたコーヒーや紅茶とともに食べられるのも、喫茶店ならではの魅力と言えるでしょう。

 コーヒーや紅茶だけでなく、ケーキを食べに喫茶店へ――。そんなちょっと通なスイーツ巡りをこの冬ぜひ楽しんでみてください。

【画像】記事で紹介する「喫茶店」5店

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_cakes_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画