長さ8.3メートル、百花繚乱の巨大ワインボトルがミッドタウンに出現 春到来に乾杯!

2019年3月14日

イベント
ULM編集部

 MHD モエ ヘネシー ディアジオが2019年3月15日(金)から4月14日(日)までの1か月間、お花見イベントとして東京ミッドタウンに「シャンドン ブロッサム ラウンジ(CHANDON Blossom Lounge)」をオープンします。


MHD モエ ヘネシー ディアジオによるお花見イベント「シャンドン ブロッサム ラウンジ」に出現する、「CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU 2019」の巨大ボトル「シャンドン ブーケ」。写真はイメージ(画像:MHD モエ ヘネシー ディアジオ)

「シャンドン」は、オーストラリアのプレミアム スパークリングワインです。当イベントは、ポップでスタイリッシュに春を彩るシャンドン ロゼのプロモーション「お花見CHANDON」の一環として実施されます。

 目玉は、今年のお花見シーズンを彩る「CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU 2019」の巨大ボトル「シャンドン ブーケ」。長さおよそ8.3メートルというビッグサイズの特別インスタレーションです。

 底から中を覗くと、蝶々が舞い、花々が咲き乱れる華やかかつ艶やかな万華鏡の世界が広がります。その前に設置されたグラスに乾杯すると、「特別な演出」を目にすることもできるとか。

シャンドン ブーケの底から中を覗くとそこは万華鏡のような世界。写真はイメージ(画像:MHD モエ ヘネシー ディアジオ)

「CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU 2019」の華やかなボトルは、EROTYKA TOKYO PARISのクリエイティブ・アートディレクター、米津智之さんによるデザイン。中身は通常のシャンドン ロゼと同じですが、このボトルでの発売は日本のみで数量限定です。

「CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU 2019」のボトルデザインを手掛けた米津智之さん(左)と同商品(画像:MHD モエ ヘネシー ディアジオ)

 春用のボトルデザインは、2017年と2018年は日本古来からの花にフォーカスを当てていましたが、2019年は伝統的な日本の花に現代的な日本の花も織り交ぜて描いています。コンセプトである「百花繚乱」の通り、100種の花がボトルを彩る様子がとても華やか。お花見はもちろん、ホームパーティでもひときわ目を引く存在となることでしょう。

テント席を用意、リッツ・カールトン副総料理長監修のメニューも


この記事の画像をまとめて見る(9枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190305_chandonrose_09-150x150.jpg

New Article

新着記事