駅のホームから千葉県が丸見え 東京の東の端っこ「江戸川駅」周辺を歩く

1986年に篠崎駅(江戸川区)が開業するまで、都内最東端の駅だった江戸川駅を、紀行ライターのカベルナリア吉田さんが歩きます。


川の向こうは千葉県市川市

 ホームの端っこに立つと、近くに川が見えます。河川敷で遊ぶ子どもたち。ランニングをする人や、犬の散歩をする人もいます。川の向こうにはビルが並んでいます。

 流れる川は江戸川。そして川の向こうは千葉県の市川市です。

小岩の関所の案内板が江戸川河川敷に立つ(画像:カベルナリア吉田)

 なんということでしょう。僕は今、東京の鉄道駅のホームに立っているのに、すぐそこに千葉県が見えているのです。東京の東の端っこに来ました。ここは京成線の江戸川駅です。

普通列車しか止まらないのに開業100年以上

 京成線の上野駅から、下りの普通電車に乗ります。電車はひと駅ずつ止まりながら、ゆっくりと進んでいきます。

 ひとつ手前の京成小岩駅まで、やっと来ました。あとひと駅で到着、と思ったらここで特急電車の通過待ち合わせ。電車はしばし停車し、ひと駅がなかなか進みません。

 やっと江戸川駅に着きましたが、普通列車しか止まらない駅のせいか、降りる人はあまりいません。一応、東京23区内にいるはずなんだけどな……と思ったりもします。

江戸川駅の入り口は、昼でも薄暗い高架下(画像:カベルナリア吉田)

 そんな江戸川駅ですが、開業は1912(大正元)年、100年以上の歴史があります。

 江戸時代、駅周辺は「伊予田村」といい、開業時の駅名は伊予田駅。その2年後の1914(大正3)年に「江戸川駅」に変わり、1986(昭和61)年に都営地下鉄の篠崎駅が開業するまで、都内最東端の駅でした。

対岸の千葉県のほうが都会に見える不思議


【地図】都民も知らない? 東の端っこ「江戸川駅」の場所をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200218_edogawa_08-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画