驚異のデカ盛り、完食できた? コメダ珈琲「逆写真詐欺」メニュー5選

SNSでたびたび話題になる喫茶店チェーン「コメダ珈琲」。今回は同チェーンの「逆写真詐欺」メニュー五つをご紹介します。


SNSなどで話題沸騰

 皆さんは、喫茶店チェーン・珈琲(コーヒー)所コメダ珈琲店(以下、コメダ珈琲)で度々話題となっている「逆写真詐欺」という言葉をご存じでしょうか?

 コメダ珈琲には、喫茶店とは思えない数々の「デカ盛り」メニューが存在しており、それがあまりにもメニューの写真と差があると話題に。そこから、メニューより商品が小さい「写真詐欺」ならぬ、逆写真詐欺と呼ばれるようになりました。

 なぜ、コメダ珈琲のメニューはそんなにデカ盛りなのでしょうか? それには、コメダ珈琲のサービス精神が関係しており、グループ客からひとり客まで、さまざまな客層に食べてもらいたいからだといいます。

 そんなサービス精神旺盛なコメダ珈琲ですが、その始まりは1968(昭和43)年に名古屋市で開店したコメダ珈琲店です。当時は個人経営の喫茶店でしたが、のちに全国展開のチェーン店へと発展していきます。

 コメダ珈琲が東京にやって来たのは2007(平成19)年8月のこと。東京23区内初のフランチャイズ店舗として、下丸子店(大田区下丸子)をオープンしました。そこから東京への進出が進み、今では東京都内に74店舗を構えています。

 都内に多くあるコメダ珈琲が、53年もの長い年月をかけて発展してきたとは思いもよりません。

 ということで今回は、そんなコメダ珈琲のなかでも「逆写真詐欺度」が高いメニューを5選ピックアップしました。ぜひ注文して、そのボリューム感を味わってみてください。

1.あみ焼きチキンホットサンド


【画像】コメダ珈琲の「都内1号店」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_komeda_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画