ドーナツだけじゃない! 寒くなったら食べたいミスドの「飲茶」4選

都内で84店舗を展開するドーナツチェーン「ミスタードーナツ」。同チェーンの魅力は看板メニューのドーナツだけではありません。飲茶も人気です。


都内の72店舗で展開

 アメリカ発祥のドーナツチェーン「ミスタードーナツ」。全国に約960店舗、都内では84店舗展開していることから、ドーナツのお店といえば、最初にミスタードーナツを思い浮かべる人が多いでしょう。

都内にあるミスタードーナツ(画像:(C)Google)

 ドーナツは種類豊富で見ているだけでも楽しいですが、実はメニューに飲茶(ヤムチャ、中国風の軽い食事)があるのをご存じですか? 全店舗で提供しているわけではありませんが、都内では84店舗中72店舗で飲茶を取り扱っています。

「ドーナツのお店なのに飲茶?」と思う人もいるかもしれませんが、「ミスター飲茶」と名付けられた出来立てアツアツの飲茶は、ドーナツチェーン店とは思えないほど味が本格的です。お値段も500円前後と安く、量も多すぎないため、飲茶後のドーナツをデザートにすることもできます。

 そもそも、ミスタードーナツはなぜ飲茶に力を入れているのでしょうか?

脱おやつのため誕生した「ミスター飲茶」

 1971(昭和46)年に、第1号店の箕面ショップ(大阪府箕面市)がオープンしたミスタードーナツ。

 ドーナツを日本のおやつとして定着させた反面、どうしてもおやつというイメージを払拭(ふっしょく)できず、ランチやディナーでは、デザートも出せるカフェやレストランに客を奪われていました。

 そんな状況を打開するために1992(平成4)年に生まれたのが「ミスター飲茶」です。当時は「チャイナタウン」と呼ばれる中華街がはやっており、ミスタードーナツもその勢いに乗ろうと、本格的な飲茶を始めたのがきっかけといわれています。

 単品はもちろん、今や「ミスドランチ」や「ミスドゴハン」と名付けられた飲茶とドーナツのセットメニューが展開されるなど、飲茶はミスタードーナツに欠かせない存在となっていきました。

 1992年の誕生以来、ドーナツとともに飲茶が長く愛され続けたのが伝わってきますが

「今まで食べたことがない」
「ミスドの飲茶ってどうなの?」

と思っている人も少なくないと思いますので、今回はミスタードーナツ人気の飲茶をご紹介します。

1.四川坦々麺


【画像】ミスタードーナツの「1号店」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画