懐かしのコッペパンと「マリトッツォ」に共通点? 日本独自の進化を遂げた歴代売れっ子パンの数々

2021年、一大ブームを巻き起こしたスイーツと言えば「マリトッツォ」。本場イタリアと同じくパンにクリームをはさんだスタイルのほか、フルーツのトッピングや抹茶クリーム入りなど、日本独自の進化を遂げています。こうした日本のパン食文化について、文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


2021年、空前のマリトッツォブーム

 近年、パン系のスイーツが注目されています。

 特に2021年に入ってから「マリトッツォ」が空前のブームになっています。マリトッツォとはイタリアの伝統的なスイーツで、簡単に言うと丸いパンにクリームを挟んだもの。コンビニでも売っていますので、手に取ったことのある人も多いでしょう。

いろいろな具材をはさんで食べるコッペパンと、クリームやフルーツをはさむマリトッツォ。両者の共通点とは?(画像:写真AC)

 パックマンのような見た目もかわいいと評判です。このマリトッツォ、本来はパンとクリームのシンプルなもので、中に入っていてもナッツやドライフルーツ程度なのですが、日本では独自の進化を遂げました。

 最近は日本オリジナルアレンジのマリトッツォが次々に登場しています。

 例えばイチゴやキウイ、バナナ、ブルーベリーなどフレッシュフルーツをクリームと一緒にはさんできれいな断面を見せたり、クリームに花びらやハーブをトッピングして飾ったり、クリームもチョコやピスタチオ、イチゴなどのフレーバーでカラフルになっていたりします。

 また、あずきや抹茶クリーム、桜クリームなどの和スイーツ的なものも出てきています。本場イタリアではそんなに知名度が高いスイーツという訳でもないのですが、日本でブームになって華麗に変身している姿は、感嘆をもって現地のメディアにも取り上げられています。

 日本ではパンと言うことで主にベーカリーやカフェで多く提供されていますが、人気の高まりとともに専門に扱う店も出てきました。

もっと前から人気だったパン系スイーツ


【画像】日本独自の「菓子パン」いろいろ(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_10-150x150.gif
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_mari_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画