ハンバーグだけじゃない! びっくりドンキーの病みつきサイドメニュー「箱舟シリーズ」を知っていますか?

都内に24店舗展開する「びっくりドンキー」。ジューシーなハンバーグが看板メニューですが、実はサイドメニューも人気。今回は「箱舟シリーズ」に注目します。


都内に24店舗展開するハンバーグレストラン

 全国に344店舗、都内には24店舗展開しているハンバーグレストラン「びっくりドンキー」。同店は1968年の誕生以来、多くの人に愛され続けています。

 びっくりドンキーといえば、ジューシーなハンバーグを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。チーズや卵、ポテトサラダ、カレーなどさまざまな具材をトッピングすることができるので、ついついいろいろと試したくなってしまいます。

 びっくりドンキーで使用しているのは、ナチュラルビーフとポークの合いびき肉です。びっくりドンキーでは人工的に肥育を促進させるホルモン剤の使用を禁止し、牛がストレスなく健康でいられるよう、広大な土地で伸び伸びと飼育させています。

 そして監査に合格した生産者だけと契約することで、高い水準の安全性と肉質を確保しています。あのおいしさは動物のことを考え、徹底された管理の下、生まれているものなのです。以下、同社が掲げる「ナチュラルビーフの6つの原則」です。

1.味に定評のあるブリティッシュ系・ヨーロッパ系の肉牛
2.成長ホルモン剤を使わず、自然に成長させる
3.飼料は牧草・干し草・サイレージを主食とした放牧環境で育った牛
4.と畜・加工場の衛生管理の徹底
5.トレース(追跡調査)が可能な管理体制
6.BSE発生の可能性が最も低いニュージーランドとオーストラリア産

 そんな肉を使った看板メニューのハンバーグですが、実はそれ以外にも、人をとりこにするメニューがあることをご存じでしょうか。

マヨネーズとのハーモニーがたまらない

 そのメニューとは「箱舟シリーズ」です。

・イカの箱舟
・ブロッコリーの箱舟
・コーンの小さな箱舟

など不思議な名前で、印象に残っている人もいるでしょう。

「ちらっとサイドメニューで見たことはある……」「そんなメニューあったっけ?」という人も多いと思いますが、実はこれが一度食べてみるとハマる人続出という、病みつきサイドメニューなんです。

 今回は知る人ぞ知る、びっくりドンキーの病みつきサイドメニューをご紹介していきますので、ぜひ一度試してみてください。

「イカの箱舟」はびっくりドンキーのなかでもロングセラーになっており、ツウなら知っているおなじみのサイドメニューです。

「イカの箱舟」(画像:アレフ)



 こんがりと焼き上げられたイカの上には、これまたこんがりと焼かれたマヨネーズがかかっており、おいしそうな香りをはなっています。トッピングはピーマンのみというシンプルさですが「それが良い」との声が多いようです。

 さらに上には自家製和風ソースがたっぷりとかけられていて、イカとの相性がバッチリ。プリプリのイカと、こんがり焼かれたまろやかなうま味のマヨネーズは、最高のハーモニーをつくりだしており、一度食べ始めると手が止まりません。また、味がしっかりしているのでお酒にも合うと好評なんだとか。

 びっくりドンキーは深夜帯まで営業している珍しいチェーン店のため、夜に訪れて、お酒と一緒におつまみとして楽しむのも良いかもしれません(現在都内の店舗は10月24日まで21時までの営業)。

ホクホクとした食感が絶品

 次にご紹介するのは「ブロッコリーの箱舟」です。

「ブロッコリーの箱舟」(画像:アレフ)



 こちらは香ばしく素揚げした、ブロッコリーのオーブン焼き。素揚げしたブロッコリーと聞くと珍しいですが、ホクホクとした食感になり「とても食べやすく、おいしい!」と評判です。

 さらに上には“生姜の風味香る特製醤油ダレ”と”マヨ風ソース”がたっぷりかかっており、これらのソースが、ブロッコリーにしっかり染み込んでいることでうま味が強く、絶。

 一見量が多く感じてしまうかもしれませんが、ハンバーグがあったとしても、ひとりでぺろりと食べられてしまうくらい、病みつきになってしまうのだとか。

 野菜不足をおいしく補える「ブロッコリーの箱舟」も、ぜひ一度お試しください。

ハンバーグやライスの上にのせる食べ方も

 最後は「コーンの小さな箱舟」です。

「コーンの小さな箱舟」(画像:アレフ)

 2021年4月からの発売ということで、「まだ食べたことがない!」という方も多いのではないでしょうか。

 こちらはびっくりドンキーの新たな試みである、小さめサイズのサイドメニューです。今までのサイドメニューは数人で分け合えるよう、量が比較的たっぷりめでした。

 しかしこの新商品は、ひとりでもサイドメニューを楽しめるよう開発された小さめの食べ切りサイズとなっています。「アボカドチーズ焼き」や「ベーコンと丸ごと北あかりのポテトサラダ」などが新商品として発表されていますが、そのなかでも「コーンの小さな箱舟」はコーンにオリジナルの和風ソースをたっぷりとかけたもの。

 コーンの甘みとソースのしょっぱさが「たまらない」と早くも話題のメニューです。サイズも小さいため「あともう1品!」という時に、ちょうどいい量なのもうれしいポイントです。

 なかにはハンバーグやライスの上にのせ、ワンランク上のトッピングにするなど、工夫して楽しんでいる方もいるようです。

ほかにも隠れた名品があるかも

 びっくりドンキーのサイドメニューを紹介していきましたが、気になった人も多いのではないでしょうか。

「箱舟シリーズ」以外にも、びっくりドンキーにはまだまだ隠れた名品がたくさんあります。

びっくりドンキーのウェブサイト(画像:アレフ)



 ハンバーグだけじゃないびっくりドンキー。皆さんもいろいろと試してみてはいかがでしょうか。


【画像】びっくりドンキー史上最大級のボリューム! 400gの「ガリバーバーグ」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_donkey_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画